fc2ブログ

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

まりお流らーめん  奈良市尼辻町433-3 

まりお流らーめん

奈良の地に来ましたら,ここには行かねばと思っておりました.
営業が夜営業のみで,駅近でもないのが難点ではありますが,
そこは使命感を持ってw,そのまりお流らーめんへ.

アクセス法を色々調べた結果,
JR奈良駅西口13番から28系統,恋の窪町行のバスに乗り,
四条大路二丁目で下車して徒歩という選択で向かうことに.

バスを降りまして道路の反対側へと渡ります.
帰りのバスはもうないことを確認.
そしてちょっと南下しますとすぐに目的地が目に入りました.

店内入りましてカウンター席に着席.
麺メニューはかなり豊富で多種に渡ります.

まりお流人気ラーメンに分類されるのが
一般的なやつなんでしょうか.
その名もまりおとんこつ正油(¥980)が濃度5.
貝しお(¥980),あっさりしお(¥890)の二つが濃度0.
他,濃度5~7のものが並びます.

「7杯の侍」に分類されるのが,
男の鶏パイタン,まりおブラック,桜島,開聞岳,
貝と豚骨のWスープ,貝醤油ブラック,薩摩
で,
これらが,濃度3~20

そして趙こってりラーメンに分類されるのが,
濃度15の霧島(¥1650),濃度20の富士山(¥2200)
濃度25のチョモランマ(¥2640)
濃度30のオリンポス(¥2750)
と,濃度もお値段も驚くような数値になってました.

さて,どれにしようかというとこですが,
濃度5くらいが無難なとこなんだろうなぁと思いまして,
濃度6の濃厚とん塩(¥980)をお願いすることに.

しばしの待ちの後,ご対麺です.
具材は,ねぎ,メンマ,そしてローストポークのような
薄切りチャーシューがこれでもかというほどたっぷり山に.

麺はストレート太麺
つるっとしたすすり心地でむっちりとした歯応え.

スープは配膳された時点で,
すでにコラーゲンの膜が張っているという驚き.

髄感もしっかりとあり,濃厚なうまみがありながら,
塩気はさほどではなく,
濃ゆいながらもしつこさを感じない飲み口でしたね.

店内はカウンター,テーブル席,
上がり座敷からなっていました.

驚くべきメニューの数々は,
お店のホームページで見ることができます.

またの機会がもしあれば,
チョモランマとか,オリンポスとか,
挑戦してみるのもいいのかなぁ...と思いながら,
店を後にし徒歩で夜道へと向かったのでした.

濃厚とん塩

スポンサーサイト



[ 2023/11/21 21:56 ] 番外編(奈良) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから!
ラーメンの本

今年は久々にちょっとお手伝い.


群馬のうまいラーメン 2022-23


都内遠征時は必携!?
第22回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2021-2022


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリー
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
ランキング
鹿児島・群馬ラーメン情報をケータイで
QRコード