Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) らぁめん家 有坂  渋川市渋川2124
FC2ブログ

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

らぁめん家 有坂  渋川市渋川2124 

らぁめん家 有坂

高崎の街中から渋川市へ,
2019年7月15日に移転しました,らぁめん家 有坂
遅ればせながら移転後初の,ようやくの訪店となりました.

移転当初は駐車場の確保ができませんでしたが,
安心して下さい!現在はあります.
お店前の北側の道を西へ進み,樋口酒店手前の道を右折,
奥に3台ほどの駐車スペースがあります.

店内へは,↑↑写真とは異なる側から入ります.
入ってすぐのカウンターと右側に上り座敷を配備.

麺メニューは,高崎時代を踏襲.
らぁめん(醤油・塩)(¥790)が基本メニュー.
これをベースに味玉,かけ,ver.があります.
そして和え玉(¥300)も.

今回は,味玉らぁめん醤油をお願いすることに.
しばしの待ちの後,ご対麺です.

具材は,細切りメンマ,ねぎ,味玉ひとつ.
チャーシューはトロリとやわらかなバラ肉チャーシュー.

麺はストレート細麺.
パッツ感があり歯切れ感のいいタイプ.

スープは,ニボニボではありませんが,
それと分かる煮干しの香り立ちがしっかりとあります.
クリアーな口当たりで飲み口すっきりなスープですね.

味玉らぁめん醤油

ここで,和え玉(¥300)を発注.
和え玉の具材は刻みチャーシュー,ねぎ.
丼の底のタレは煮干し油と思われます.

これらをよーくよーくかんましていただきます.
麺のパッツ感は当然ながらこちらの方が感じやすく,
より麺のうまさが感じられます.

そのままいただいても十分満足の仕上がり.
もちろん,残ったスープにつけても楽しめます.
そして最後は残ったスープに投入してたいらげました.

パッツ感のある麺そのもののうまさを
楽しみたいのであれば,オーダー必須かと思いますね.

和え玉

移転前のお話では,麺や味のつくり的には,
マニアックではなく,万人受け志向に変更するお話でしたが,
その傾向は垣間見られるものの,
やはり有坂らしさは感じられる一杯かと.

営業は11:00-14:30,17:30-20:30,
月曜定休 となっています.

立地的にも営業時間的にも,
高崎時代のように,ヨッパでの訪店の可能性はありませんがw,
また伺ってみようと思います.

スポンサーサイト



[ 2019/09/16 13:50 ] 群馬(しょうゆ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから!
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2019-20


都内遠征時は必携!?
第19回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2018-2019


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...