Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 麺屋 富味  前橋市川原町1-1-18

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

麺屋 富味  前橋市川原町1-1-18 

麺屋 富味

2017年10月17日に,川原町郵便局隣りにオープンした,
G系の新店,麺屋富味
オープン日に伺うも早仕舞いで涙をのみました.
なので,さっそくリベンジにw.

店内に入りますと,左側に券売機が鎮座.
麺メニューは,
店舗名を冠したG系の主力メニューが,
富味ラーメン(¥780),これが235g.

小盛が120g(¥680),大盛が350g(¥880),
特盛が470g(¥980),という麺量構成.

その他,現在提供中なのが,
味噌ラーメン(¥800),辛味噌ラーメン(¥840)

近日発売となっていたのが,
淡麗つけめん(¥840),淡麗味噌つけめん(¥860),
まぜそば(¥780)
でした.

今回は初訪ですし,ここは迷うことなく富味ラーメンをポチっと.
食券を渡すと,野菜の量とニンニクの有無を聞かれます.
ヤサイは普通でニンニク少しでお願いしました.

しばしの待ちの後,ご対麺です.
具材は,たっぷりのゆでもやし,キャベツ少々,刻みニンニク少し,味玉半分.

厚みのあるバラ肉チャーシューは,ちょい冷たいので,
これをスープにひたして温めましょう.
その流れで,丼の中から麺を引っ張りだして天地返し.

麺は黄色調のツルっとしてすすり心地のいい
平打ち形状のストレート太麺.
ワシがしっといった感じではなく,ほどよいコシ感です.

背脂が浮いたスープは微乳化で豚感があり,旨みもしっかり.
クドしょっぱなジャンキースタイルではなく,わりと上品な印象.

スープであったまった分厚いチャーシューもホロっとした柔らかさ.
そして食べ応えも十分です.

卓上調味料にはペッパーや唐辛子粉に加え,山椒がありました.
なので,ちょっとかけてみましたけど,
山椒も意外と合いますねぇ.悪くないです.

店内はカウンター,テーブル席からなっていました.
厨房もホールも複数人で回していたので,
回転は悪くないんじゃないかと思われます.

辛味噌も興味アリですし,近日,投入予定の
まぜそばや,つけめんも気になるところ.
なので,また近々行ってみようかと思うのでした.

富味ラーメン

スポンサーサイト
[ 2017/10/18 19:41 ] 群馬(G系) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2017-18


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...