Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) らーめん三吉  中央区銀座8-7 銀座ナイン2 B1F

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

らーめん三吉  中央区銀座8-7 銀座ナイン2 B1F 

らーめん三吉

ずーっと前から行きたかったお店なんです.
銀座という土地にありながら,
いまだにらーめんを一杯300円で提供しています,
銀座ナイン2地下にあります,らーめん三吉へ.

お願いするのは決まっていますが,
麺メニューを確認.
らーめん(¥300),めんまらーめん(¥400),
もやしらーめん(¥400),わかめらーめん(¥400),
味噌らーめん(¥500),ねぎらーめん(¥500),
カレーらーめん(¥600),つけそば(¥500)

辺りが主要麺メニューでしょうか.それにしてもお安い.

ただ,昼度時にみなさんがオーダーするのは,
ほぼほぼセットメニュー.
らー麺と半炒飯のらー麺セット(¥650)
炒飯とミニらー麺の炒飯セット(¥750)
カレーとらー麺のカレーセット(¥850),などなど,
魅力的なセットメニューが目白押しなんです.

さて,私が心に決めていたのは,らー麺セット
カウンターに着席してそれをお願いします.

各々の席にはすでにトレーがセットされています.
そしてまずは,らーめん,続いて半炒飯が配膳されました.

具材は,メンマ,ねぎ,薄チャーシュー.

麺は平打ち形状の細ちぢれ麺.
独特のチリチリ感.があります.

ガラベースと思しきスープは,
薄味で軽い後口.

調味料ばっちりの旨み過多な昨今の味と比べると,
物足りなさを感じるやもしれませんが,
逆に毎日でも食べられそうな優しい味わい.
これが人気のひみつなのかとも.

カウンターのみの店内は,
入った時が幸運だったようですぐに着席できましたが,
振り返れば後ろに待ちの列ができていました.

らーめん

炒飯もふわっとした仕上がり.
こちらもやわらかいお味です.

サイドに添えられたお漬物と,
らーめんのスープといっしょで,ちょうどいい塩梅.

この味わいなら,
らーめん,炒飯,カレー,餃子の組合せを変えていけば,
毎日通えちゃいそうですね.
これは銀座のサラリーマン達の心強い(さいふの)味方でしょうね.

半チャーハン

スポンサーサイト
[ 2017/03/01 12:29 ] 番外編(東京) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...