Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 麺工房マロニエ  前橋市富士見町小暮2316-5

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

麺工房マロニエ  前橋市富士見町小暮2316-5 

麺工房マロニエ

通称赤城県道を頂上方面へ向かい,
鳥居を過ぎてしばし,馬事公苑の手前左側に昔からあります,
麺工房マロニエへ.

店内入ると,レジ横には自家製ケーキが陳列.
まるで喫茶店のような感じです.

さて,麺メニューは,
ラーメン(¥650),以下,わかめ,メンマ,コーン,にんにく,
チャーシューのトッピング系が続きます.

なぜか塩ラーメンは存在せず,
カレーラーメン(¥900),味噌ラーメン(¥850),他辛い系という構成.

ラーメンにミニカレーが付く,ミニカレーセット(¥1000)を子供が選択.
なので,私はカレーラーメンを.

このカレーラーメンはちょっと独特な構成.
見ての通りのルーかけスタイルのカレーラーメン.
麺の上にわかめ,その上にチャーシュー3枚,
その上にカレールー,の上にねぎ.という層構造.

チャーシューメンなんじゃ?って思うような
分厚いバラ肉チャーシューが3枚.
噛み心地のしっかりとしたチャーシューです.

麺はチュルンとして柔らかめな中太麺.
滑らかなすすり心地ですが,コシ感は乏しいでしょうか.

カレールーはさほどスパイシーさはなく,
小さな豚肉がコロコロと.
食堂系のカレーの味わいってとこでしょうか.

店内は,入って左側がカウンターとテーブル席.
この空間はいかにも喫茶店っぽい雰囲気.
そして右側が上がり座敷.
この空間はいかにも中華食堂って感じなんです.

自家製ケーキがなかなかおいしそうでして,
レディースセット(¥1100)は,
ラーメン,自家製ケーキ,コーヒーのセットになります.
これって今まで見たことのなかったセットですね.^_^;

カレーラーメン

そして,こちらがミニカレーセットのプレーンのラーメン.
分厚いチャーシューは同じもの.
他には海苔,メンマ,ねぎという具材.

麺もねじれのあるチュルンとした感じは共通.
やわめな印象も同様でしょうか.

ガラベースと思しきスープはやわらかいお味.
間口の広い味わいといったところ.

昭和の時代にたくさんあった,
上州手打ちラーメンって感じの看板を掲げるお店を,
何となく思い起こさせるようなお味でした.

ラーメン

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...