Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 大正浪漫 黒船屋  渋川市伊香保町伊香保20

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

大正浪漫 黒船屋  渋川市伊香保町伊香保20 

大正浪漫 黒船屋

伊香保温泉の石段を,てくてくと中ほどよりちょっと上まで登ったところを
ちょいと左に曲がるとあります,大正浪漫 黒船屋へ.

昼の営業で提供されている石焼カレーなどで,
TVの旅番組に何度か紹介されているようですが,
実は夜の部はラーメンを提供しています.

麺メニューは,
伊香保の二つの源泉,
透明な「白銀の湯」と,にごり湯の「黄金の湯」にちなんでいます.

すなわち,鶏清湯が,白銀らあめん(¥850)
鶏白湯が,黄金らあめん(¥950),という構成です.

それでは,まずは清湯の白銀らあめんをいただいてみましょう.

具材は,海苔,ねぎ,かいわれ,たっぷりめの刻み柚子.
チャーシューはホロトロで柔らかいですね.

麺は加水低めなストレート細麺.
しなやかな麺肌ですすり心地もいいですね.

鶏ベースのスープは,香味油が効いているようで複雑な香り立ち.
ゆず皮が結構効いていてスキッとした後味のスープですね.

テーブル席からのみからなるシックな店内は,
温泉街とはまた違った趣きを感じさせてくれます.

白銀らぁめん

で,せっかく来たので,黄金らあめんの方もいただいてみましょう.

具材は,海苔,ねぎ,かいわれ,
炙った鶏肉は身のしまったもの.
居酒屋とかの地鶏の炭火焼とかってメニューと似たタイプです.

麺は白銀と共通.
白湯スープとの相性も悪くありません

ベジポタ鶏白湯というスープは,
粘度はさほどではなく,わりとあっさりとした飲み口です.
白銀の柚子に対して,こちらは生姜の印象が後味に残ります.

黄金らぁめん

伺ったところによると,
昼の石焼カレーを提供されているのは別の方で,
らあめんの方の営業は昼とは別形態とのこと.

よって,らあめん店としての営業は18:30~2:00,木曜定休となります.
お値段が温泉街価格なのは否めない感がありますが,
麺のお味の方は満足のいくものかと.

伊香保の石段の湯でひとっ風呂浴びた後に,
もうちょっと石段を登っていただいてみるのもいいんじゃないでしょうか.

スポンサーサイト
[ 2015/03/03 21:22 ] 群馬(しお) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2017-18


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...