Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 2009年03月18日
FC2ブログ

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

ラーメン あやど   沼田市岩本町591 

前回の訪店が,ちょっとした驚きだった,
ラーメンあやどへ再訪してみました.

今回は,麺メニューの一番下にあった,
とんこつラーメン(¥700)をいただきました.

具材は,たっぷり野菜類の水菜,白菜,もやし,ねぎ.
わかめ,コーン,紅しょうがものり,その上からごまがパラパラと.
チャーシューは薄いロース系が1枚.

麺は前回食したラーメンの麺とは異なる,
中太のややちぢれた平打ち麺.そこそこのコシ感でしょうか.

スープは,非常にライトなとんこつスープ.
いわゆるとんこつっぽさは,あまり感じられません.

九州豚骨ラーメンのイメージでいただくと,ちょと残念な印象はぬぐえませんが,
野菜たっぷり白湯スープラーメンとすれば,これもありかと.

前回食したラーメンのストレート細麺とあっさりスープの相性が
なかなか良かったことを考えると,
塩ラーメンが気になるところでしょうか.
とんこつラーメン

スポンサーサイト



[ 2009/03/18 14:56 ] 群馬(とんこつ) | TB(0) | CM(0)

壱の蔵   沼田市東原新町1929-4 

壱の蔵
道を走っていて,ラーメンの幟が目に入ってしまい,
ダイニングのお店のようでしたが,こちら,壱の蔵へ行ってみました.

お得なランチメニューがありましたが,
ラーメン探検家ですから.ということで,壱の蔵和風ラーメン(¥600)をいただきました.

サイドに冷奴と,御新香がついてきました.うれしいサービスですね.
具材は,海苔,わかめ,たっぷりのやわらかメンマ,ねぎ.
チャーシューは厚みがあり,縁が炙ってあり,
肉感たっぷりでうまみのあるバラ肉チャーシューが1枚.

店内の案内には手揉みとある麺は細ちぢれ麺.
やわらかめで,コシ感は強くありません.

スープは油少な目の和風あっさりスープ.
非常にあっさりとしていて,出汁感もあまり感じられませんでした.

店内は,居酒屋ダイニングらしく,カウンター,上がり座敷からなっていました.
特筆すべきは,芋焼酎の充実ぶりでしょうか.
所狭しと並んだ,懐かしの薩摩焼酎の一升瓶達.
思わず,昼から飲みたくなってしまいました.

たっぷり飲み食いした後の〆には,
こういった優しいラーメンがいいのかもしれませんね.
壱の蔵和風ラーメン

[ 2009/03/18 13:32 ] 群馬(しょうゆ) | TB(0) | CM(2)
facebookページ
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから!
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2019-20


都内遠征時は必携!?
第20回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2019-2020


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...