Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 新横浜ラーメン博物館

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

無垢ツヴァイテ  新横浜ラーメン博物館 

無垢ツヴァイテ

さて,ミニを食べてきたのでもう一杯いけちゃいそうです.
それではもう一軒,逆輸入盤に行ってみましょう.

TV版「ラーメン大好き小泉さん」で,小泉さん達が食べていた,
ドイツからの出店,無垢ツヴァイテへ.

麺メニューは,
無垢ラーメン(¥900),焦げ味噌ラーメン(¥950),
ベジタリッシュ味噌ラーメン(¥900)
,など.

こちらでもミニで,ミニ無垢ラーメン(¥570)をいただきましょう.

配膳時に上層と下層が異なるスープなので,
上層のみをまず味わってみて下さいとの説明があります.

ベースの豚骨スープの上に
魚介系スープを泡状にしてのっけたってことなんでしょうか.
ハンドミキサーが活躍していました.

具材は,海苔,青ねぎ.
厚みのある炙られたバラ肉チャーシュー.
フルサイズだと低温調理のチャーシューが入るようです.

ピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合しているという麺は,
褐色調の平打ち太麺.
コシが強く,ゴワっとした感じも.

スープはいわゆる濃厚豚骨魚介系.
逆輸入ではありますが,
日本産を思わせるバランスのとれた仕上がりですね.

この味の作りこみがヨーロッパの方々に受けがいいのも
分かる気がします.
といった,間違いない豚骨魚介系の一杯でした.

ミニ無垢ラーメン

スポンサーサイト

YUJI RAMEN  新横浜ラーメン博物館 

YUJI RAMEN

昨今のらーめんの世界各国への進出は目覚ましいものがあります.
そんな中,2015年5月にTV放送された「世界ふしぎ発見」では,
追跡!世界を駆け巡るRAMEN 日本人とラーメンの秘密と題して,
世界各地のらーめん店が紹介されました.

その中にOKONOMIという,昼は魚の定食店,
夜はラーメンのフルコースを提供するお店が紹介され,
これは良さそうだなぁと思っていたわけなんですが...

その夜の部にあたるYUJI RAMENが何と日本上陸!
ラー博に出店しているんですよね.
というわけで,2軒目はそのYUJI RAMENへ.

麺メニューは,
ツナコツラーメン(¥900)と,
最近投入されたスパイシーツナコツラーメン(¥950)の二品.
もちろん,いずれもミニがあります.

では,ミニツナコツラーメン(¥570)をいただいてみましょう.

具材は,刻み海苔,ねぎ,ゴマがパラパラと.
チャーシューと言いますか,マグロチャーシューと言うんでしょうか,
ホロとろと柔らかいマグロチャーシューはなかなかのクオリティ.

麺は細ちぢれ麺.
白色調の色合いでやや低加水と思われます.

スープはひと口含んで思いのほかマグロを強く感じました.
ある意味,ほんのりとマグロを感じる,
串木野のまぐろらーめんよりマグロを感じます.

豚骨ならぬ鮪骨のみを炊いたスープゆえ,
ツナコツスープというわけでして,
マグロ風味たっぷりになるのでしょう.

想像していた以上にマグロ感満載なので,
マグロのにおいが気になる方や.
魚のにおいがダメな方はやめた方が賢明かもしれません.

国内でなく,海外でこれほど強い魚介系の味わいが,
受け入れられているのは,ある意味驚きですね.

ツナコツ小

らーめん味楽  新横浜ラーメン博物館 

味楽

かねてから行きたいと思っていた,
北海度の利尻島にある名店,らーめん味楽
そのために旅行先を利尻,礼文にしようと画策したことも....(^_^;

そのお店が,今年なんと新横浜ラーメン博物館に出店.
そりゃ行くしかないでしょ.
久々にラー博へやってきて,まずはお目当てのらーめん味楽へ.

麺メニューは,基本,
焼き醤油らーめん(¥900)の一択.他はトッピング系.
そして,ミニ焼き醤油らーめん(¥570)があるのがラー博ならでは.

ここに来ちゃうと,やはりあれもこれもと
食べたくなってしまうので,
ミニ焼き醤油らーめんを選択.
そして評判のトッピングのとろろ昆布(¥100)もつけましょう.

具材は,もやし, 細切り昆布,ねぎ,メンマ .
柔らかな薄バラ肉チャーシューが1枚.
昆布は味付けされていて,つまみにもなりそう.

麺は黄色調の中太麺.
チリチリぷりっとした食感があります.

中華鍋で醤油ダレを焦がしてスープと合わせるというスープは,
文字通り香ばしさを感じる醤油スープ.
この昆布を主体とする旨みは,
間違いなく日本人のDNAに共鳴する味わいじゃないかと.

終盤にはとろろ昆布を投入.
するとこれがよりまろやかな味変になります.
比率的にはミニではなく,通常の一杯に入れた方が
良さそうではありますが(笑).

この味わい,旨みは,おおよそ日本人なら嫌いな人はいないんじゃないでしょうか.
遠い島のらーめん店がこれほど注目される理由が分かる気がします.

利尻島へ行く口実がなくなっちゃったけど,
食べられたのでよしとしましょう.

ミニ焼き醤油らーめん

龍上海   新横浜ラーメン博物館 

龍上海
せっかく新横浜ラーメン博物館まで来たので,
らーめんの駅に続いてもう一杯.
最も普段行けそうにないところと考え,こちら山形の龍上海へ.
こちらも長蛇の30分待ち!!

こちらでもこぶりな,赤湯からみそミニラーメン(¥550)をいただきます.

具材は,ナルト,メンマ,ねぎ.上から青海苔がパラパラと.
チャーシューは薄いバラ肉チャーシューが一枚.

麺は平打ちの中太麺です.
ややちぢれあり.モチっとした噛み心地は,
うどんライクですね.

中央のからみそを溶かす前のスープは,
サラリとしていますが,そこそこにラードも効いています.
少しずつ,からみそが溶けていくと,
からみと共に旨みが増していきます.
全部溶けて最終形へと変化を遂げる様がおもしろいですね.

祝日に来客でにぎわう,新横浜ラーメン博物館.
まだまだラーメン人気も捨てたもんじゃないんだってとこでしょうかね.
赤湯からみそミニラーメン

らーめんの駅   新横浜ラーメン博物館 

らーめんの駅
めっきり寒くなってきた今日この頃.
こんな時には味噌らーめんが恋しくなります.
今なら,新横浜ラーメン博物館で,
本場札幌味噌らーめんの伝説とも言える,
らーめんの駅の一杯が食せるとあらば,
やはり行ってみたくなります.

ということで,入館後,まずはらーめんの駅へ.
休日のせいか,長蛇の列がずーっと続き,なんと45分待ち.
でも,こうなったら待つしかないでしょう.
ようやく店内へたどり着き,次も考えて,
ミニ味噌ラーメン(¥550)をいただきます.

具材は,炒めた挽肉,もやし,玉ねぎ,メンマ,ねぎ.
にんにく,生姜が香り,食欲をそそります.
時々遭遇する小さな角切りチャーシューも旨みがあります.

麺はちぢれた中細麺で,
シコシコとした噛み心地がいい具合で,
スタンダード札幌味噌らーめんといった面持ちです.

ラードでふたをされたスープは,
最後まで,やけどしそうなくらい熱々です.
コクがあって,炒めた具材の味わいと相俟って後引く味ですね.
フルで一杯いただきたくなるような吸引力があります.
寒い冬には,こんな熱々のらーめんがいいですね.
ミニ味噌ラーメン

facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...