Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 番外編(三重)

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

鉢ノ葦葉  四日市市城北町1-12 ル・グラン1F 

鉢ノ葦葉

数日前に夜来てしまった鉢ノ葦葉へリベンジ.
場所は確認済みでしたので迷うことなく,
そして今度はしっかりと昼にやってきました(^^;.

店舗に入ってすぐのエリアで待ちの列に接続.
しばしの待ちの後,店内へ.

券売機で食券を購入します.
麺メニューは,塩,醤油(¥780)の二本立て.
ここはおススメのを迷わずポチっと.

カウンター席に案内され着席.
そして待望の一杯とご対麺です.

具材は,メンマ,ねぎ,揚げねぎ,
生姜のピリッと効いたワンタンひとつ.

チャーシューは2種類.
厚みのある柔らかな鶏チャーシューと,
そしてこちらも厚みのある上質な豚ロースチャーシュー.

麺はストレート細麺.
ツルプチっとした食感が個性的.

スープは鶏や魚介がバランスよくといった感じで,
何かが特段引き立つというわけではないんですが,
うまみはたっぷりで飲み口もスッキリです.

ようやくたどり着いた名店の一杯は,
クリアーで洗練された一杯といった印象で大満足でした.

塩

スポンサーサイト
[ 2018/02/21 13:21 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

麺や 青雲志  松阪市嬉野権現前町神北405-14 

麺や 青雲志

今回は色々とフラれることが多い三重滞在.
人気店と評判の麺や 青雲志ですが,
週3定休日で昼のみの営業となかなか高いハードル.

今回何としても行ってみたかったので,
近鉄伊勢中川駅からてくてく歩いて向かいます.

開店前にお店に到着,予想通り数名の人々.
店前に到着するとまず目に入ったのが,
店主のお父様のインフルエンザ罹患のための
5日間の臨時休業の案内.なんとー(>_<)....

と周りを見渡すとみなさん帰る気配はなし.
すると,その臨休案内の貼り紙の下に.
この日が突然の臨時休業の始まりだったため,
知らずに来店してしまったお客さんのために
メニューをしぼって営業の案内.

それで,みなさん帰らずにいたんですね.
一瞬絶望に打ちひしがれましたが,
空から一筋の光が差し込んだように救われました.

しばしの店外待ちの後,店内へ.
食べてみたかったメニューのひとつ,
煮干豚骨らぁ麺(¥1100)は残念ながら提供中止.

幸いもうひとつの候補だった,
かき正油らぁ麺(¥1000)は提供可能.
なので迷わずそちらをポチっと.

奥から順にカウンター席に着席します.
しばしの待ちの後,ご対麺.

具材は海苔2枚,きのこ類,ねぎ.
黄身が濃厚なオレンジな味玉ひとつ.

チャーシューは大判で肉厚,
柔らかさというよりは噛み応えたっぷりなタイプ.

麺はストレート細麺.
そばっぽいボソ感が特徴的です.

スープは牡蠣の旨みが溶け込んだ,
なんとも言えない不思議な旨み.
丼の中で独特な世界観が広がる味わいです.

店内はカウンターのみからなっていました.
メニュー構成,お店の雰囲気も独特.
独創的なお店として評価が高いのも納得ですね.

かき正油らぁ麺

[ 2018/02/21 11:08 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

らーめん だるま  四日市市鵜の森1-3-14 

らーめんだるま

ちょいと四日市まで足をのばして,
名店との呼び声の高い鉢ノ葦葉を目指したんですが,
これが現在は昼営業のみってのをチェックし損なう大失態.

なもんで,遅い時間用の候補としてリストアップしていた,
らーめんだるまへ.

こちらのお店は,玉子とじラーメン一本.
なので,麺メニューは,ラーメン(¥750)のみ.
後は辛さを,普通,1辛,2辛,3辛,極辛の4段階から選びます.

最近はちょっと辛いのに挑戦してるので,
ここは,ラーメン1辛をお願いしましょう.
その後を考えて麺少なめでお願いしたので代わりに海苔増量です.

具材は,もやし,メンマ,増した海苔,ねぎ.
麺はプリプリっとしてすすり心地の良いややちぢれた中太麺.

スープは鶏と豚の出汁とのことなんですが,
結構塩気を強く感じる気がします.
辛さはそこそこで,私でも全く問題なし.

東海地方で玉子とじってことで,
あの萬珍軒のようなスタイルかと思ったんですが,
あのような不思議な溶き卵とスープの一体感はなく,
あくまで玉子とじのラーメンって感じでしたね.

店内はカウンターのみからなっていました.
1辛は辛いのが得意でない私でも全く大丈夫でした.
というわけで,辛い=旨い,って部分もあるので,
2辛とか3辛あたりが,いいバランスなのかもしれませんね.

ラーメン

[ 2018/02/20 19:42 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

大森屋 本店  津市大門23-4 

大森屋本店

こちらは看板の年季の入りっぷりが物語ります.
創業は昭和5年頃という老舗の大森屋本店

こちらも事前情報では夜営業をやってるはずなんですが,
前日,前々日と空ぶり(>_<).

近くの居酒屋で飲みながらお話を伺うと,
あそこのおじさんはもういないみたいですよ.
などというかなり心配な情報が.

それでも,昼は営業してますよ.との確かな情報を得て,
昼にリベンジで再々訪.確かに開いてました.

店内に入り,テーブル席に着席.
まわりを見渡すと,件のご主人の姿はない様子.
そして違和感を感じる,萬福食堂と書かれた,
店員さん達のTシャツユニフォーム.

後で調べてみたんですが,
経緯は分かりませんが,どうやら萬福食堂の
系列店になったようなんです.

麺メニューはうどんが主流なので豊富にありますが,
ラーメン系は中華そば(¥600)の一択.
ですので,それをお願いします.

しばしの待ちの後,ご対麺.
具材は,かまぼこ,メンマ,ねぎ.
意外とやわらかなバラ肉チャーシューが1枚.

麺はややちぢれた中細麺.
スルッとした,しなやかなすすり心地.

スープは豚,鶏の動物系に魚介系をプラスという,
昨今のトレンドでもあった動物系+魚介のWスープ.

これが,いわゆる想像する豚骨魚介系とはちと異なり,
不思議な味わいが後を引くんですよねぇ.

動物系と魚介系のバランスのなせる技なのか,
老舗の培われた味の出し方なのかはわかりませんが,
今までに経験してきた豚骨魚介系とは違うんですよねぇ.

店内は食堂っぽく,テーブル,上がり座敷からなっていました.
経営の関係なのか,色々と変遷はあるようですが,
老舗のいい味を守り続けていってほしいですね.

中華そば

[ 2018/02/20 13:45 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

自家製麺 いたろう  津市丸之内4-20 

自家製麺 いたろう

前日の夜にフラれた,津ぎょうざも食べられるお店.
満を持して昼に再訪しました,自家製麺 いたろうです.

店内に入りカウンター席に着席.
壁にはたくさんのサイン色紙が貼られています.
ぐっさんや,石ちゃんも来られたようですね.

麺メニューは,
しょうゆラーメン(¥660),つけ麺(¥850),
パイタンラーメン(¥760),しおラーメン(¥710),
みそラーメン(¥760)
,が基本ラインナップ.

件の津ぎょうざは,ひとつ300円.
しょうゆラーメンとセットになった,
津ぎょうざセット(¥900),ってのがありましたので,
それをお願いすることに.

しばしの待ちの後,ご対麺です.
具材は,わかめ,もやし,メンマ,ねぎ,
ローストした感じのバラ肉チャーシューが1枚.

麺は36時間熟成したという手もみのちぢれ麺.
プリプリとした歯応えがあります.

背脂の浮いたスープは色味通り醤油感強め.
たまり醤油とか再仕込み醤油とかの類と思われます.

ベースは豚骨と鶏ガラとの口上.
背脂と焦しニンニク油がアクセントに.

しょうゆラーメン

そしてこちらが,津ぎょうざ
これがジューシーで肉汁たっぷり.
これはなかなかうまいですわ.

津ぎょうざ

店内は,カウンタースタイルのテーブル,
テーブル席からなっていました.

昼時はご近所さんが多いのかな,
なかなかの賑わいでした.
私的には津ぎょうざのうまいお店.としてインプットですな.

[ 2018/02/20 13:17 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

ぶんごラーメン  津市大門30-13 

ぶんごラーメン

津の中心街(ってのがどこかそもそも分り難いんですが)は,
前橋中心市街地でも十分対抗できる寂れっぷり.
なので,深夜の一杯にありつくのもちと大変.

で,ようやく見つけました,ぶんごラーメンへ.
店内に入りカウンター席に着席.

麺メニューは,
塩ラーメン(¥650 税別),しょうゆラーメン(¥650 税別),
みそラーメン(¥700 税別),山かけラーメン(¥850 税別),
カレーラーメン(¥800 税別),ネギラーメン(¥800 税別),
山菜ラーメン(¥750 税別),坦々メン(¥750 税別),
ぶんごラーメン(¥650 税別)
,というラインナップ.

並び順は後方ではありますが
店名を冠したぶんごラーメンを食べてみることに.

具材は,煮卵ひとつ,メンマ,ねぎ,
ピリッと辛みの効いたそぼろ肉.

麺は中細のややちぢれた麺.
いわゆる中華麺ってタイプのやつです.

スープはガラベースと思しき醤油ベースのスープ.
これに辛味が溶け込んでいっていい味わいに変わっていきます.
この辛味がウリのぶんごラーメンってことのようです.

店内はカウンターのみからなっていました.
津の中心街,大門の外れにある一軒.
なかなかディープなエリアでした.

ぶんごラーメン

[ 2018/02/19 23:40 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

氷花餃子 津新町店  津市南丸之内16-16 

氷花餃子

しかしまぁ今回はよくフラれます.
三重県は津市に滞在したので,
ご当地メニューの津ぎょうざも食べられるお店に向かったんですが...
材料切れなのか,すでに閉店.

なので,その近くで津ぎょうざの訪店候補として
リストアップしていた,氷花餃子 津新町店へ.

店外からはわかりませんでしたが,
店内はかなりの賑わいっぷりでした.

麺メニューは,いわゆる中華料理店っぽい内容.
醤油ラーメン(¥480),台湾ラーメン(¥600),
豚骨ラーメン(¥680),豚骨台湾ラーメン(¥680),
みそラーメン(¥680),台湾みそラーメン(¥680)

と,台湾が付いても値段が同じだったりと不思議な構成.

そのほか,
マーボーラーメン(¥780),ねぎラーメン(¥680),
塩らーめん(¥600),サンラー麺(¥800),
海鮮らーめん(¥780),パイコーラーメン(¥980),
やみつきスパイシーラーメン(¥880)
,などなど.

津ぎょうざを紹介していたネット情報で,
やみつきスパイシーラーメンをおススメしてたことを思い出し,
それをお願いすることに.
そしてもちろんのこと,津ぎょうざ(¥280)も.

意外なことに,やみつきスパイシーラーメンが先に登場.
津ぎょうざは揚げの時間がかかるんでしょうかね.

たっぷりの具材は,
ニラ,もやし,キャベツ,玉ねぎ,にんじん,
貝柱,豚小間切れ肉.

麺は平打ち中太麺.
これが予想外にしっかりとした弾力があり,
すすり心地も良好.

スープはカレーのような香りもちょっとする,
昨今流行りのスパイシースープ.
結構な辛さでもあるんですが,後を引くうまさがあり,
これはかなりクセになりますね.いいですわ.

やみつきスパイシーラーメン

額に汗しながらスパイシーと奮闘していますと,
津ぎょうざがやってきました.

大きいと聞いていましたが,
大きさは我らが陽気軒のジャンボギョーザよりは小さいでしょうか.

中はジューシーで,ちょっと餡かけっぽい餡が特徴的.
揚げられて外はカリカリって具合です.

なかなかボリューミーではあるので,
何個も食べるってわけにはいかないですねw.

津ぎょうざ

店内はカウンター,テーブル席からなっており,
常に来客があり,なかなかの繁盛っぷりでした.
リカバリーで入ったお店でしたが,
これは災い転じてってやつでした(^o^).

[ 2018/02/19 20:09 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

麺屋よつ葉  松阪市大口町111-3 

麺屋よつ葉

ちょいと所要で三重まで,
で,まずは松阪牛で有名な松阪へ.

有名な老舗の不二屋へ向かったんですが,
なんと,土日は通常より1時間早い18時閉店.
で,間に合わず.事前調査不足でした...(^^;

そっから,意を決して麺屋よつ葉まで徒歩で向かいます.
寒さが身にしみましたが,なんとか到着.
だがしかし,さすがの人気店ゆえ店外待ちあり.

記名の後,しばし店外待ち後,ようやく店内へ.
すでに期間限定の牡蠣塩ラーメン,牡蠣味噌ラーメンは提供終了.
まぁこれは織り込み済み.

その他の麺メニューは,
濃厚鶏らーめん(¥850)
松阪タン麺(¥790),味噌ラーメン(¥850),
醤油ラーメン(¥680)
,というラインナップ.

当初の狙いの数量限定の濃厚鶏らーめんは提供可能とのこと.
なので,もちろんそれをお願いします.
歩きでのどが渇いたので,ビールもお願いし,
そのつまみにと,唐揚げ(¥450)も.

まずはビールでノドを潤し,唐揚げをサクッと,っと,
これがどでかい唐揚げw.

ただこれが食べてみると,
ジューシーな肉に,サクッとした揚げ具合で
思ったよりも軽く結構ペロッと食べられちゃいます.

唐揚げ

その後にメインディッシュの登場です.
泡系と言われているこちらの一杯.
一杯一杯,ハンドミキサーで泡立てての提供のようです.

まずはカプチーノのように泡立った外観に目を奪われます.
具材は,糸唐辛子,ねぎ,黄身の濃密な味玉ひとつ.

チャーシュー代わりは,いい味付けの豚軟骨肉.
トロトロに柔らかな骨付き肉です.

麺はストレート細麺.
ツルっと柔らかなすすり心地.

ハンドミキサーで泡立てた鶏白湯スープは,
泡で色味は真っ白.

その下層のベーススープは,すっきりとした飲み口.
鶏白湯としては,さほどの濃厚さではないんですが
クリーミーで上質な口当たりです.

店内は,カウンター,テーブル,上がり座敷からなっていました.
外待ちの列ができる人気店.
おひとりさま,カップル,家族連れと幅広い層に人気なようでした.

松阪駅からはちょいと距離があるので,
旅の者としてはちょいハードルが高いかもしれませんけどね.

濃厚鶏らーめん

[ 2018/02/18 19:44 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)

吉風  伊勢市宮後2-25-3 

吉風
せっかく名古屋まで来たので,
ちょいと足をのばして式年遷宮のお伊勢さんへ.
せっかくなので,伊勢うどんでも.
何て思ったら大間違いの大混雑の人混み.

仕方がないので,らーめんにしとこうか.
なーんて,最初っからこちらに狙いを定めてました.
伊勢市駅目の前にあります,吉風へ.

なんでも,店主さんは大阪の『JET600』出身だとか.

麺メニューは,
鶏豚骨ラーメン(¥700),醤油ラーメン(¥680)
のツープラトン.
限定も提供するようですがすでに売切れ.
ここは筆頭メニューの鶏豚骨をいただいてみましょう.

具材は,白髪ねぎ,青ねぎ,ナルト,
幅広メンマはコリコリ.
チャーシューはほんのりと,
ガーリックの風味付けがされています.

麺はストレート中太麺.
ツルっとした滑らかな麺です.

泡立ちも豊かなスープは,
香りは鶏主体でとてもクリーミー.
旨味もたっぷりあります.
これは後を引くうまさですね.

店内はL字型カウンターのみからなっていました.
伊勢市駅前という立地ですが,
実は伊勢神宮の外宮とは反対側の,
近鉄側出口前なんですよね.
人の流れからするとその辺が難点でしょうか.
鶏豚骨ラーメン

[ 2013/11/23 13:22 ] 番外編(三重) | TB(0) | CM(0)
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2017-18


都内遠征時は必携!?
第18回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2017-2018


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...