Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 番外編(青森)

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

まるかいラーメン  青森市安方2-2-16 

まるかいラーメン
まるかい系という言葉があるように,
青森を代表する系統の元祖と言えるまるかいラーメンへ.
観光物産館アスパム至近という好立地にあります.

店内に入ると,「ちゅ?だい?」と問われて一瞬たじろぎましたが,
「中で.」と告げて着席します.

麺メニューは壁には醤油ラーメンと貼ってあります.
中盛(¥550),大盛(¥600)という2段階構成.

後から入ってきた二人組の女子は,
二人です.の意思表示でVサインで店内に入って来るやいなや,
「ちゅ!ふたーっつ!」っていう掛け声でびっくりしてましたね.(笑).

しばしの待ちの後「はい,ちゅ!」って声掛けと共に登場です.
どうしてもちゅって聞こえちゃいます.

具材は,メンマ,ねぎ,
薄柔らかチャーシューが数枚のっています.

麺は青森で何度か遭遇してきたうどんライクな丸い中太麺.
ここがその発祥の地と思うと何となく感慨深いものが.
ふわモチっとした食感の麺は他県では出会えません.

スープはふんわりと焼干しの香るスープ.
後口にやや酸味を感じるところもあるも
油分はなくすっきりとした飲み口です.

店内はテーブル席のみからなっています.
王道系の味わいのスープ.独特のふわモチっとした麺.
そしてお店の雰囲気や店員さんの声掛けの様.
さすがにまるかい系の本元ですね.
ここで津軽らーめんの概要を体験できると言っても過言ではないんじゃないかと.

中

スポンサーサイト
[ 2014/05/23 17:18 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

中華そばマタベイ  青森市馬屋尻清水流624 

中華そばマタベイ

なかなか味のあるお店だということなんですが,住所を見るとこれどこやねん?
でもグーグルさんに聞いてみたら意外と駅から近いことが判明.
てなわけで,再び青い森鉄道にガタンゴトンゆられ野内駅からテクテクと.
やってきました中華そばマタベイです.
着いてみれば広いバイパス道路沿いなんですね.

店内に入るとまずは券売機が.
たくさんボタンはありますが,稼働しているのは
中(¥520),大(¥600),特大(¥700),の3つと,
おにぎり,ライスのボタンのみ.

で,青森標準のをお願いします.

具材は,厚切りのねぎ,コリコリした細切りメンマ,
薄チャーシューが数枚.

麺は丸みのある中太麺.
例によってうどんっぽい食感で柔らかプリっとした感じ.

油分のほとんどないスープは焼干しベースと思われ,
若干酸味を感じるものの後口はすっきりしています.

店内はカウンター,テーブル席からなっています.
のどかな田園地帯にあるのんびりと時間が進むお店.
あくせくせずにのんびりまったりとできる時に行くのがよろしいかと.

中

[ 2014/05/23 13:34 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

麺雅  青森市長島3-4-11 

麺雅

何やら煮干しを使った濃厚つけ麺が食べられるとの情報を得て,
麺雅へ向かってみました.

麺メニューは,
中華そば(¥650),手打ち中華そば(¥650),
和風ラーメン(¥650),味噌ラーメン(¥750),
辛味噌ラーメン(¥800)
,となかなか豊富です.

そしてPOPがありました.
当店おすすめ!とありますつけ麺(¥800)です.
もちろん,それをお願いしてみましょう.

まずはたっぷり入った麺の丼が配膳されます.
あれ?大頼んでないよなぁと心配にさせる麺量です.
脇にはメンマ,ゆで玉子半分.

続いてつけ汁です.
色味は黒色に近くかなり濃厚そうに見えます.
それではいただきましょう.

麺はつるっとしたすすり心地で柔らかめな歯応えの中太麺.
麺量の多さ,水の切り具合,やわめな食感は
あえて例えるなら東池袋大勝軒的な感じでしょうか.

つけ汁は見た目で想像したほどの粘度はありません.
たっぷりの桜海老,ねぎがういています.
チャーシューは芳ばしい厚みのあるバラ肉チャーシュー.
これはなかなかのお味.

つけ汁の色味は煮干し粉が主体なんでしょうか?
やや煮干しのビター感はあるものの,
甘みのある後口があります.旨みも過不足なくあり
これは独特でおもしろいテイストではないでしょうか.

スープ割に関しては,
配膳時にスープ割りはやっておりません.と教えていただけます.

店内はカウンターと,相席必至のテーブルからなっています.
クラシカルな煮干し清湯以外のメニューも提供しているこちら.
お客さんも各々異なるオーダーが多い印象を受けました.

つけ麺

[ 2014/05/23 12:02 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

くどうラーメン  青森市新町1-6-12 

くどうラーメン

ライフワークと言いながら,歳のせいか最近は飲み過ぎちゃったりすると
調子が悪かったりして....
そんなわけで久々の朝らーに,青森駅近くのくどうラーメンへ.

麺メニューは,
ラーメンの小,中,大,特大
小(¥450),中(¥500),大(¥550),特大(¥600)というお値段.

他にザル中華(¥600),月見ラーメン(¥500)なんてメニューも.
久々の朝らーですので,ここは素直にラーメン中をいただきましょう.

具材は,メンマ,ねぎ,
チャーシューはモモ肉チャーシューが2枚.
意外にも柔らかかったりします.

麺はプリシコっとした細ちぢれ麺.
昔懐かしい感じのちぢれ具合です.

いわゆる「王道系」に分類されると思わるスープは,
あっさりとしていて焼干しの特徴か,ほんのり甘みを感じます.
朝とはいえ,卓上の胡椒をちょっぴり振るくらいが
ピリッとしていいでしょうか.

店内はカウンター,テーブル席からなっています.
入れ替わり立ち代わり朝からお客さんが入ってくるところを見ると,
出勤前の一杯が定着している様がうかがえますね.

ラーメン中

[ 2014/05/23 08:18 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

十三湖本家しじみらーめん  青森市本町2-7-23 

十三湖本家しじみらーめん

青森市街地のらーめん店を調べていてふと気づいたんですが,
朝らーができるお店がある反面,夜はほとんどのお店が21時頃に閉店.
したがって〆の一杯を見出すのがなかなか難しいんですよねぇ.
そんな中,夜営業のみで日付が変わっても営業している,
十三湖本家しじみらーめんへ.ありがたいお店です.

麺メニューはもちろん,しじみらーめんのみで,
特製しじみらーめん(しお味)(¥800),しじみバターらーめん(¥850),
特製しじみらーめん(しょうゆ味)(¥870),
特製しじみらーめん(みそ味)(¥870)

が主な構成.

店内にコクしお味の案内があったので,
特製しじみらーめん(コクしお味)をお願いすることに.

具材は,いわずもがなのたっぷりのしじみ.
わかめ,青ねぎ,麩,ミニチャーシュー,ゆで玉子半分.
しじみの身をヨッパの身で食べるのにはちょいと苦労しますが
まぁそこはご愛嬌.

麺は細ちぢれ麺.
シコシコしたかみ心地でまずまず.

スープはあっさりスッキリとして旨みのあるスープ.
動物系出汁をうまく合わせているせいか,
しじみ特有のくさみのような存在は全く感じさせません.
飲み口も良くクイクイといってしまいます.

夜営業のみでたっぷりしじみのためなのか,
若干お値段が高めに感じますが,
翌朝の意外にすっきりした目覚めに
何となくしじみのおかげかなぁなんて思ったりして....(笑).

特製しじみらーめん

[ 2014/05/22 23:24 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

しらはる  青森市中央1-25-1 

しらはる

煮干しと鴨出汁の二つを操るらーめん店.
どっちにしようかなぁ~.なんて迷いながらそのお店しらはるへ到着.
すると店頭には煮干しスープ切れの看板が...
よくも悪くも迷う必要がなくなり店内へ.

こちらは昼と夜でメニュー構成が変わるようです.
夜の麺メニューは,
本日はスープ切れとなった,煮干しらーめん(¥600)
そして鴨出汁は,
鴨つけ麺(¥650),鴨白湯醤油らーめん(¥650),という構成.

鴨白湯醤油らーめんが夜のみのメニューなようなので,
せっかくなのでそれをお願いしてみましょう.

具材は,刻み玉ねぎ,ねぎ,メンマ.
チャーシューは肉質のいい薄ロースチャーシュー.
これはおそらくは低温調理ではないでしょうか.

麺は四角い断面の表面がツルっとした中太麺.
青森では今までお目にかからなかったタイプです.

スープはそこそこの粘度があり,クセのない旨みがあります.
濃厚鶏白湯と言ってしまうと乱暴かもしれませんが,
その線に通ずる味わいです.
まろやかな旨みが後を引く味わいで,
昨今のトレンドを意識したと思われるこの仕様は
津軽煮干し系が主流の青森では異彩を放つ存在なんじゃないかと.

店内はゆったりとして広くカウンター,テーブル席からなっています.
こうなると,煮干しの方も食べてみたくなりますねぇ.

鴨白湯醤油らーめん

[ 2014/05/22 17:18 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

中華そば ひらこ屋  青森市新城山田588-16 

ひらこ屋

津軽新城の駅から濃厚煮干し系の雄の一店でもある
中華そばひらこ屋を目指します.
途中,「坂のある町新城へようこそ!」という看板を目にして,
いや,これ山だから...とつっこみを入れながらテクテクと.

やはり,店内には待ちの列.
こちらでは先に注文して待つシステムのようです.
皆さんオーダーをした後,車のナンバーを告げて車内待機です.
徒歩の私は限定のこいくちにぼダクをお願いし店内で待ちます.

しばしの待ちの後,店内へ.
ここで,まさかの宣告が...
前のお客さんでにぼダクが終了してしまったので
こいくちのオーダーでよろしいでしょうか?...って.
まさかの死刑宣告にしばし絶句もこいくち(¥650)
煮玉子付き(¥100)でお願いします.

ちなみに麺メニューは,
煮干し中華そばのあっさり(¥550)
とんこつ煮干しそばのこいくち(¥650)
背脂煮干しそばのせあぶら(¥650)
煮干しバラ肉そばのバラそば(¥750)
という構成です.

卓上のサービスの大根の漬物をつまみながら待っていると
待望の一杯(からのランクダウン)が登場.

具材は,メンマ,ねぎ,トッピングの煮玉子.
チャーシューは薄いロースチャーシューが豪勢に何枚ものっています.

麺はやはり丸みのあるちょっとうどんっぽい麺.
プリッとした感じも同様でしょうか.

スープはちょっぴりビターテイストを感じる煮干し豚骨.
エグみは多少あるんでしょうが,
この手のタイプを食べ慣れてきたせいか
さほどのエグみには感じないような気も....

店内はカウンター,上がり座敷からなっています.
人気店のため常時待ちの列はありますが回転は早く,
しかも車内待ちもOKなのでさほどストレスはないんじゃないでしょうか.

こいくち

[ 2014/05/22 11:43 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

丸海鳴海中華そば店  青森市長島2-12-3 

丸海鳴海

事前の調べでわかったこちらのお店のキーワード.
「77年やってるお店 」「親父さんは今年で60うん歳で三代目 」
「営業開始時間は9時半から10時ぐらい」
「メニューは中華そばの中と大しかない」
その丸海鳴海中華そばへ.

店内に入ってメニューは見当たりませんが,
ここは焦らず「中で」と言ってオーダーします.
ということで,そば中(¥700)が厨房へ告げられました.

ちなみに消費増税に伴う値段変更のお知らせが壁に貼ってあり,
メニューは,そば中(¥700),大(¥1200)ということが分かりました.

具材はメンマ,ねぎ,
チャーシューは箸でつかむまで分かりませんでしたが,
かなり分厚くてしかも柔らかいチャーシューです.
濃いめの味付けなんですが,
これが薄味のスープを補填する感じでいいですね.

麺は丸みのあるうどんのように見える中太麺.
給食のソフト麺のような歯触りなんですが
噛むとプリっとしたいい歯応えのある自家製麺.
これは初めて食する感触.おもしろいですねぇ.

スープは「王道系」に属するんでしょう
油分のほとんどないうどん汁のような優しい後口のあっさりスープです.

店内はテーブルのみからなっています.
朴訥な印象のご主人とテキパキと動くおそらくは奥様の二人体制.
大通りから一歩入っての昔ながらの老舗食堂って感じでいい味出してます.

そば中

[ 2014/05/22 10:12 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

味の札幌 大西  青森市古川1-15-6 

味の札幌 大西

一説には青森の若者のソウルフードと言われる
味の札幌,通称“アジサポ”の味噌カレー牛乳ラーメン
食べずに帰れるわけがないってことで,味の札幌大西へ.

オーダーは一択で決めていますが一応メニューを拝見.
基本は味噌ラーメン(¥730),塩ラーメン(¥730),正油ラーメン(¥730)
と三種取り揃え.

その他には,コーンラーメン(¥880),メンマラーメン(¥880),
納豆ラーメン(¥780),梅ラーメン(¥780)
の亜型シリーズ.

そして,カレーラーメン(¥730),味噌カレーラーメン(¥730),
バターラーメン(¥780),味噌バターラーメン(¥780),
味噌牛乳ラーメン(¥830)
と徐々にグレードアップ.

そして最終進化型ともいえる,
味噌カレーバターラーメン(¥780),味噌カレー牛乳ラーメン(¥830)へと.

で,着席するやいなや,味噌カレー牛乳ラーメンをお願いします.

具材は,たっぷりのもやし,ねぎ,わかめ,メンマ,
上にはバターがのっかてます.
チャーシューはみしっとしたモモ肉チャーシューが1枚.

麺は黄色調の強い中太ちぢれ麺.
プリっとしたかみ心地です.

そしてスープは味噌でもない,カレーでもない,さりとてもちろん牛乳でもない,
味噌カレー牛乳と言うしかないと言った味わい.
三者のバランスが絶妙なんでしょうか,
マイルドな 飲み口でついついレンゲが進みます.

店内は奥行があり,入ってすぐのテーブル,カウンター席,
カウンターの背後にはさらにテーブル席があります.
卓上にはカリカリ梅のサービスあり.
お口直しにちょうどいい塩梅です.

地元の高校生の要望で発展していったというこのメニュー群.
きっと「俺は味噌カレー牛乳いくぜー!」
「今日は100円足んないから味噌カレーにしとくか.」
なんて会話が交わされるんでしょうね.
何となくそんな光景が思い浮かびます.
本当は津軽弁でわかんないと思いますが.....

味噌カレー牛乳ラーメン

[ 2014/05/21 20:30 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)

中華そば あお鬼  青森市中佃1丁目4-31 

あお鬼

青森の地元情報誌のラーメン特集では,
昔ながらのクラシカルな津軽ラーメンを「王道系」,
最近台頭してきたこってり系の豚骨煮干しのようならーめんを「濃厚煮干し系」,
と分類しているようです.

青森に来てから「濃厚煮干し系」が続いたので,
今度は「王道系」をいただこうと青い森鉄道にゆられ中華そばあお鬼へ.

麺メニューは,
ラーメンチャーシューメンの二つのみ.
基本サイズが中で,ラーメン中(¥660),チャーシューメン(¥860)
いずれもサイズは小,中,大,特盛,鬼盛とあります.

その後の夜もあったもので,ラーメン小(¥540)をいただくことに.

具材は,コリっとメンマ,ねぎ.
チャーシューはひと仕事終えた風貌ですが
これがなかなか柔らかくていい.

麺は中細ちぢれ麺.
プリプリと口の中で弾け噛むとシコっとしたいい食感.

スープはふんわりと焼き干しが香る甘い後口のスープ.
すっきりとした旨みがあり,ついついレンゲが進みます.

店内は広々としていて,カウンター,テーブル,上がり座敷からなっています.

自然素材の自家製を謳うこちらのお店.
チャーシューメンのチャーシューは,
ラーメンとは異なる焼き背ロース使用と書いてありました.
後で食べときゃよかったと....
そして自家製ワンタンも味わってみたいところかと.

青い森鉄道の東青森駅から徒歩圏内なので,
気が向いたら青森市街から抜け出して行ってみるのもいいんじゃないでしょうか.

ラーメン

[ 2014/05/21 19:02 ] 番外編(青森) | TB(0) | CM(0)
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...