Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 番外編(北海道)

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

けやき すすきの本店  札幌市中央区南6条西3丁目睦ビル1F 

けやき すすきの本店

さて,今回は子どもを連れての北の大地のラーメン探検.
札幌と言ったら味噌なんでしょ?と言われると,
まぁそうだよねってことになり....

アクセスとか営業時間とかもろもろ考えた末に
思いついたのがこちらの,けやき すすきの本店です.

立派なホームページがあったり,
支店もいくつかあり,カップ麺も出したりで,
何となく勝手に大規模な店舗を想像してたんですが,
本店は実にこじんまりとしたいい佇まいじゃないですか.

麺メニューは,
基本は味噌ラーメン(¥870)一本.
以下は,煮玉子,にんにく,ニラ豆板醤,ねぎ,コーンバター,
等々のトッピング系となります.

では,味噌ラーメンをお願いしましょう.
店内入ってすぐの券売機でポチッと.

具材は,もやし,にんじん,キャベツ,ねぎ,メンマ,
そしてひき肉.

麺はちぢれた中細麺.
おーっと,こちらのお店もさがみ屋製麺のようですね.

ラードの効いた熱々スープは,
生姜などの香味野菜がビシッと効いていて,
これぞスタンダード札幌味噌ラーメンって感じです.

店内はL字型カウンターのみからなっていて,
決して大規模ではなく,前述したようにいい感じの佇まいです.

年中無休で営業も10:30-翌4:00 (土日は翌3:00)と長いので,
観光で訪れた際に,いつでも行ける安心感がうれしいですね.

味噌ラーメン

スポンサーサイト
[ 2016/08/16 17:24 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

らーめん天真爛漫  札幌市中央区南4条西5-4 

らーめん天真爛漫

以前,店の前を通った時に,
店頭に置かれていたメニュー表の牛蒡の文字が気になったんですよね.
そして再度,やってくることができました.
ので,らーめん天真爛漫へ.

麺メニューは,
味噌,塩,醤油(¥780),辛味噌(¥850)が基本形でしょうか.
すすきのでの深夜営業ゆえか,ハーフラーメン(¥500)もあります.

そして気になっていたスペシャル系が,
牛蒡(¥850),背脂入りの雪(¥880)
味玉入りの月(¥880),の3種.

ではでは,牛蒡を味噌でいただいてみましょう.

具材は,糸唐辛子,穂先メンマ,青ねぎ,白ねぎ,
もやし,玉ねぎ,
ごぼうは,ささがき牛蒡と揚げ牛蒡の2種類が入ります.

チャーシューは炙られたバラ肉チャーシュー.
厚みもあって柔らかです.

麺はシコプリっとした
札幌スタンダードとも言える細ちぢれ麺.

お店のの暖簾にありましたが,さがみ屋製麺製.
ちょっと調べてみると,弟子屈ラーメンさんも使ってる麺なんですね.

スープはわりとすっきりとした飲み口.
そしてごぼうの効果か,かなり甘味の強い後味ですね.
ひらたく言っちゃうと,牛蒡味噌って味わいでしょうか.

店内はカウンター席からなっています.
すすきの歓楽街のどまんなかで,
営業は夜20時から明け方5時までですので,
最後にいつでもどうぞ!って感じですね.

牛蒡

[ 2016/08/15 21:57 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

米風亭  札幌市中央区南三条西1-2-4 

米風亭

札幌のラーメン情報を調べていて発見したこちらのお店.
今まで全くノーマークだったのは,
提供しているのが油そばのみというゆえでしょうか.

ビアパブのようにビールの種類も豊富との情報.
こりゃ行ってみようということで,その米風亭へ.

前を通ったら,確かにパブとしか思えない佇まい.
だがしかし,入口にはしっかりと油そばの看板がありました.

店内に入りカウンターに着席.
たくさんあります国内外のビールの中から,地ビールを選択してノドを潤します.

麺メニューは,メインメニューの油そば(¥750)に加え,
黒ゴマ辛口油そば(¥800)ってのもありました.

隠れ人気メニューとあった,ナポリタン(¥800)も気になりますが,
ここは素直に油そばをお願いしましょう.

具材は,海苔2枚,メンマ,鶉の玉子2個,青ねぎ,ごまがパラパラと.
チャーシューは肉質良好な細切りです.

麺は中細ちぢれ麺.
西山製麺の麺箱が積まれていましたから,
西山製麺製の麺と思われ,その特徴的なプリシコ麺.

醤油ベースのタレはまさに油そばと言った仕様.
あえそばでもまぜそばでもないんだよ!
と言っているかのような絶妙な油具合です.

配膳時には別途,ラー油,酢を持ってきてくれます.
これを自分好みに少しずつかけて,
味変カスタマイズを楽しむのもまたいいですね.

さすがにビアパブ然としたお店のせいか,
ビールにあう味わいの一杯に感じましたね.

このお店は昼11:30から明け方(3:30 L.O.)まで営業していますので,
お昼でもおやつでも,〆の一杯でも,
まだまだ終われないすすきの夜の一杯としても食べられるのがうれしいですね.

油そば

[ 2016/08/15 21:22 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

蜂屋 旭川本店  旭川市三条通15丁目左8 

蜂屋

旭川ラーメンと言ったら,真っ先に浮かぶお店のひとつでしょう.
その蜂屋も朝10時30分から営業してるんですよね.
てことで行っちゃいましょう.蜂屋 旭川本店です.

麺メニューは,
ラーメン(¥750)しょうゆ,しおに,みそラーメン(¥850)もあるんですね.
その他は,メンマ,ワカメ,もやし等のトッピング類.
かけラーメン(¥550)もありました.

お願いしたのは迷うことなくラーメンしょうゆです.

具材は,メンマ,ねぎ.
チャーシューは薄チャーシューが数枚所狭しと.

麺はちぢれのある中細麺.
プリシコっとした食感です.

スープは旭川ラーメン独特な焦がしラードが香ります.
豚骨とアジ節主体の魚介系のWスープということですが,
印象としては焦がしラードの風味が強く残るでしょうか.

元祖旭川ラーメンと言われるお店のひとつ.
確かにこのスープと焦がしラードは特徴的で独特ですね.

店内はテーブル席のみからなっていて,
広々としていて食堂っぽい雰囲気のつくりでした.

旭川駅から徒歩圏内には,五条創業店がありますので,
駅至近に滞在ならそちらがオススメかもしれませんね.

かつては新横浜ラーメン博物館にも出店していましたが,
残念ながら2009年に卒業しています.
ゆえにもはや,旭川でないと食べられない一杯となってしまいました.
チャンスがあればぜひ.

ラーメン

[ 2016/08/15 10:35 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

旭川らぅめん青葉 本店  旭川市二条通8丁目二条ビル名店街 

旭川らぅめん青葉 本店

いつかは行ってみたいと思っていた旭川の名店.
何と,朝から営業してるんですね.
てことで,お出かけ前に旭川らぅめん青葉 本店へ.

お店に着いて店内に入ると何と朝から満席.
朝から待ちの列を作るとは驚きですね.

麺メニューは,
正油らぅめん(¥750),塩らぅめん(¥750),味噌らぅめん(¥850)
に,野菜らぅめん(¥850)が,基本形.

その他に,特製キムチらぅめん(¥900),特製冷しつけ麺(¥800)
などや,かけらぅめん(¥600)もあります.

外で待っている間に正油らぅめんをお願いします.
こちらのお店のおもしろいところは,お客さんにどちらからいらしたの?と,
お店の方が聞いて,終始その地名で案内されるとこでしょうか.

私どもは群馬のかた~.と終始呼ばれておりましたw.
ちょっとその土地のお話しをしたりして,コミュニケーションも取れますし,
全国からお客さんが訪れるお店ならではのやり方なのかもしれませんね.

ちなみに,我々の後は,神奈川の方,札幌の方,
台湾の方,と待ちが続いておりました.

店内に案内されて早速,正油らぅめんとご対麺です.

具材はロゴ入りの大判の海苔,メンマ,ねぎ.
チャーシューは大判の薄バラ肉.
これがちょっとベーコンっぽいおもしろい風味付け.

麺は細ちぢれ麺.
ツルシコ感が実にいい具合ですね.

スープは山海の幸をブレンドした風味豊かな醤油スープという口上.
これがあっさりスッキリとしていながら,
後を引く旨みがあってやめられなくなるうまさ.

油のいい香り立ちもあるんですが,
それでいて全くもってしつこさを感じさせません.
ノスタルジーを感じさせつつもそれだけではない吸引力がありますね.

店内はカウンター,テーブル席からなっています.
朝からツルッと食べられちゃうこのお味.
旭川駅から徒歩圏内ですし,朝から召し上がってみてはいかがでしょうか.
あっ,もちろんお昼から夜も営業してますけどね.

正油らぅめん

[ 2016/08/15 09:56 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

あらとんブッチャー  札幌市中央区北11条西22-1-1 

あらとんブッチャー

今年もまた北の大地に行く機会に恵まれまして!
観光地っぽくはなっていますが,
さっぽろ場外市場での朝らーが,まずはのお目当てです.

平日は11時からの営業なんですが,
土日祝日は朝9時から営業しております,あらとんブッチャーへ.
すぐ目の前にあります,あら焚き豚骨 あらとん 本店の2号店になります.

麺メニューは,
角豚らー麺肉・50g(¥750)と,角豚つけ麺肉・50g(¥850)
が基本形.

肉は50g,100g,150gと3段階で150円ずつお値段Up.
そして,黒,赤,白からの選択があります.

黒が数種類の調味料を加えたマイルドな豚骨.
赤がえびの旨味と香りを凝縮したピリ辛豚骨.
白がニンニクの旨味を凝縮した豚骨.という構成です.

マー油好きでもあるので,角豚らー麺肉・50gを黒でお願いすることに.

具材は,たっぷりのきくらげ,青ねぎ.
角煮はどーんと50gひとつ.
やわらかくも肉っぽさがあり食べ応え十分です.

麺は四角い断面の細ストレート麺.
札幌では珍しいタイプになるかと.

スープは粘度もそこそこある濃厚豚骨スープ.
黒い香味油はスパイシーさがあり,
マー油だけでなく他のスパイスも効いていると思われます.

店の看板には豚骨スープに焼き上げた魚をプラスとありますが,
魚介系は黒香味油のためかその存在は感じられません.

系列である,あら焚き豚骨あらとん新宿店(すでに閉店しちゃった模様)
で食べた際は,良くも悪くもかなり魚介系の風味を感じたんですが,
このメニューはそんな感じはなく,むしろスパイシー豚骨といった印象です.

店内はカウンター席からのみなっていました.
以前は珈琲の提供もあったので,モーニングコーヒーも
密かに楽しみにしていたんですが,それは止めてしまったとのことでした.

札幌駅近郊に滞在して,土日の朝に場外市場を散策するなら,
朝ごはんにアリかもしれませんよw.

ちなみにむかーし(20年以上前)っからラーメン横丁にある,
ひぐまも近くに出店していて,朝から営業していました.
古典的札幌味噌らーめんがお望みでしたらこちらになりますかね.

角豚らー麺黒

[ 2016/08/14 09:23 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

だるま軒  札幌市中央区南3東1新二条市場内 

だるま軒

札幌の中心街から創成川を渡って東側にある二条市場.
その二条市場の入口にあります札幌の老舗の一軒,だるま軒へ.

ここでの製麺業が後の西山製麺になるわけでして,
ある意味札幌ラーメンの聖地と言えるのかもしれません.
その辺りの詳細はお店のホームページhttp://www.darumaken.com/index.html
にありますので,よろしければ.

で,麺メニューの筆頭はら,醤油らーめん(¥630),
塩らーめん(¥630),味噌ーめん(¥680)
と続きます.

ここは素直に筆頭の醤油らーめんをいただきましょう.

具材は,海苔,メンマ,ねぎ,
そして,創業以来変わらずという伊達巻き.
チャーシューはしっかりとした歯応えのモモ肉.
これが厚みがあってなかなかの食べ応え.

麺は中細縮れ麺.
プリシコっとした食感が心地良い麺です.

スープはガラベースに節系などでしょうか.
口に含むとじわーっとうまさが広がり,
昭和の光景が目に浮かんでくるようです.
そうあの頃に体験したうまさです.
いやぁ,たまにこういうのに出会うとうれしい気分になりますね.

店内は入ってすぐのテーブル席と,
奥の方にカウンター席があります.
昔ながらの醤油らーめん.札幌でも食べられるんですよ.ぜひ!

醤油ラーメン

[ 2015/01/31 16:17 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

味噌ラーメン専門店 狼スープ  札幌市中央区南11条西1-5-1 

狼スープ

こちらは中島公園の近くにあります味噌らーめん専門のお店です.
その名も味噌ラーメン専門店 狼スープへ.

麺メニューは,
味噌らーめん(¥750)と,
玉子の入った味噌卵らーめん(¥850)のみ.

ゆえにお願いするのは味噌らーめんです.

具材は,ゆでキャベツ,もやし,玉ねぎ,ねぎ,
チャーシューは厚みがあってやわらかクオリティ.

麺は西山製麺製の黄色調の強い中太麺.
そうこれこれ,って感じのプリッとした噛み心地です.

スープはラードに加え,生姜,山椒?などの香辛料の効果で
かなりインパクトのある旨みの強いスープに.
そしてラードの効果で熱々をキープします.

味の系統からすると,いわゆる純すみ系の進化系になるんでしょうか.
こってり感や味の輪郭のはっきりとした具合は,
昨今の若者に受けそうな仕様ですね.

店内はカウンターとテーブル席からなっています.
こちらは地下鉄の駅至近ですし,
札幌中心市街地からもすぐですので
ちょいと足をのばしていただいてみることをオススメします.

味噌らーめん

[ 2015/01/31 15:26 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

men-eiji HIRAGISHI BASE   札幌市豊平区平岸2条11丁目1-12 

麺eiji

札幌の豚骨魚介系の先駆者的な存在である,men-eiji HIRAGISHI BASEへ.
この頃にはだいぶ雪道を歩くのが早くなったなぁ俺...
おーっと,こちらも店内待ちの列ですね.ひと休みしながら待ちましょう.

麺メニューは,
ウリの豚骨スープの魚介豚骨醤油(¥830)
和風スープの,
札幌味噌eiji style(¥800),
あっさり醤油(¥750),あっさり塩(¥750),
辛いラーメン(¥750)


つけ麺系が,
つけBUTO並(¥800),辛いつけBUTO並(¥820)
そしてオーダーしている方は見かけませんでしたが,
台湾まぜそば麺中(¥800)なんてのもあり,
何とここ北の大地まで台湾まぜそばはやってきてたんですねぇ.

自家製麺とのことで,つけ麺も気にはなりましたが,
ここはやはり札幌の豚骨魚介系の先駆者であるこちらの,
魚介豚骨をいただいてみましょう.

具材は,刻み玉ねぎ,青ねぎ,メンマ,
厚みのあるしっとりとしたチャーシューの上に
魚介出汁のジュレがたっぷりとのっています.

麺は平打ちの中太麺.
すすりり心地良好で,ムチっとした歯応えがあり,
これはさすがになかなかうまい麺です.

スープはジュレを溶かし込む前から
すでに豚骨魚介としてバランスはとれている状態です.
粘度はさほどではなくわりとさらりとした飲み口ですが,
旨みはたっぷりで申し分ありません.

ジュレを溶かしこんでいくと,若干魚介系に触れて,
ちょっと酸味っぽく感じるところも出てくるようにも.
とは言え,このジュレを溶かし込んでいくのは楽しくもあり,
なかなかおもしろいアイデアですね.

店内はカウンター,テーブル席からなっています.
お店の外観もそうですが,店内もスタイリッシュでおシャレですね.
また機会があればぜひともつけ麺をいただいてみたいところです.

魚介豚骨

[ 2015/01/31 12:56 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)

麺屋彩未  札幌市豊平区美園10条5丁目3-12 

彩未

今回の北の大地での最重要宿題店とも言える麺屋彩未へ.
万全の状態でシャッターするつもりが,一本道を間違えて....
雪道に翻弄されているうちにすでに店内待ちの列でした^_^;

しばしの待ちの後,カウンターへ.
麺メニューは,
味噌らーめん(¥750),醤油らーめん(¥750),
塩らーめん(¥750)
,が標準三巨頭.

辛い系が,
辛味噌らーめん(¥800),辛醤油らーめん(¥800)
の2種類です.

言わずもがなお願いするのは味噌らーめんに決まっています.

具材は,メンマ,もやし,刻みチャーシュー,ねぎ,
厚みのある良質なチャーシューの上に生姜がのってきます.

麺は黄色調の強い森住製麺の中太ちぢれ麺.
プリッとした歯応えが特徴的です.

スープはまろみのある旨みがありますが,
思いのほか油っぽさはなく,
生姜の効果もあってかすっきりとした後口です.

すみれ系の流れを汲む店主さんなので,
勝手にラードの効いた,いわゆる純すみ系のこってりをイメージしていましたが,
むしろDNA的には三平のような
クラシカルな感じに近いのかと思ったりも.

さすがの人気店.店内待ちの列は開店後も途切れることなく伸びて,
帰り際にはあふれて外待ちも発生する状態に.
いやはやすごいお店ですね.

味噌らーめん

[ 2015/01/31 11:34 ] 番外編(北海道) | TB(0) | CM(0)
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...