Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) コラム
FC2ブログ

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

鹿児島ラーメンを偲ぶ(5) しょう油が甘い 

鹿児島を離れて,早2年が経とうとしています.
最近,友人が旅行や出張で鹿児島へ行く機会があり,土産話を聞いているうちに,
思い出されたことがあります.曰く,
「鹿児島のしょう油って,甘いんですねー.」
そうなんです.すっかり記憶の彼方に行ってしまっていましたが,鹿児島のしょう油は甘いのが一般的です.お刺身などを食べる際には,甘口のしょう油の方が,魚の味が引き立つような気もして,鹿児島滞在中はほとんど抵抗なく食していました.時々,私が関東出身の人間だと気付くと,別のしょう油を出しましょうか?と言ってくれるお店もあったりしました.
このブログを始めるきっかけとなった,ラーメン探検も,鹿児島で関東風のしょう油ラーメンを探すことがひとつの目的でした.いくつか発見した,黒色調透明な,しょう油色をしたスープのラーメンは,外見は中華そば風で,関東のしょう油ラーメンを思い起こさせましたが,やはり,しょう油は九州のしょう油を使っているんだろうなぁ,と後味に甘さを感じるしょう油ラーメンでした.
こういった経験から,自分がノスタルジーを感じるラーメンは,ちょっと塩気のきいた,関東風のしょう油ラーメンなんだと認識し,そういったラーメンを身近に食せる環境に身を置き,改めて,地元にもどってきたことを実感するのでした.
[ 2009/03/15 00:10 ] コラム | TB(0) | CM(4)

博多,久留米ラーメン探検を終えて.2008 

今回の探検では,博多のみならず,念願の久留米まで足をのばすことができました.
日程の関係で日曜に久留米を訪れたため,食堂系のひろせ食堂沖食堂が定休であったことと,やはり,久留米の名物とも言える,屋台の数々を目にすることができなかったことにやや悔いが残ることとなりました.

大砲ラーメンの本店を訪れることはできましたが,まだまだ久留米に未練を残した感じですので,またいつかこの地を訪れたいと思っております.

大砲ラーメンと言えば,博多の天神に2007年に支店ができて,ぐっと近くなった感があったのですが,その後,博多界隈には大砲で修行をされた方々の出店が続いたようです.今回,訪店した一砲以外にも,天砲麺家もち月などなどがあるようです.久留米まで,足をのばしましたが,久留米系ラーメンが博多でも気軽に食べられる時代が来たということなのでしょう.

同時に,しょう油,塩を売りにするお店がずいぶん増えたように感じました.鹿児島在住中に,中華そばが恋しくなり,それを博多に求めた2006年頃は,郷家王餃子,未食ですが,鈴木商店などが候補としてあげられましたが(不勉強のためかもしれませんが),今回の滞在では,だいぶ対象となるお店が増えたように思いました.

そして,忘れてはならないのが,つけ麺の襲来ではないでしょうか.正直,博多で豚骨魚介のつけ麺が,首都圏の系列店の出店以外で食べられるとは,以前の状況では想像できなかったと思います.
何て言いながら,東京,ましては群馬でさえ,もはや何の抵抗もなく,豚骨ラーメンを食べているわけですから,当然と言えば,当然の流れなのかもしれません.

ラーメン界にもグローバリゼーションが進展してきているという証なのかもしれません.
いやー.やっぱり旅にラーメンは付き物ですね.これからも各地のラーメン探検を続けて行きたい思っております.決してラーメンのために旅しているわけではありませんよ.
念のため.
[ 2008/10/18 23:24 ] コラム | TB(0) | CM(2)

中華五十番 

どこのお店?と思われた方は,普通の方.
どこのお店のことか分かる方は,ラーメン好きならず,野球好きの方かと思います.
そう,一昨日,辞任を表明した王監督の実家のラーメン屋さんです.
「僕は,ラーメン屋の倅なんだよね.」というのが,王さんが現役の頃からよく言っていた一節のようです.
御自身のホスピタリティの素晴らしさも,ラーメン屋の倅だからという理由ひとことで片付けてしまうそうです.
そんな逸話を聞くと,王さんの器の大きさに改めて敬服し,同時に,偉大な野球人がラーメンとのつながりを持っていることにラーメン好きとして,喜びを覚えます.
ラーメン好き,野球好きにとって,王さんがユニフォームを着なくなるということは,非常に残念でありますが,今は,とにかくお疲れ様でした.という気持ちで一杯ですね.
奇しくも,実家のラーメン店の数字と同じ,50年間のユニフォーム生活に別れを告げ,しばらくはゆっくりしていただきたいと思います.

[ 2008/09/25 07:56 ] コラム | TB(0) | CM(0)

喜多方で朝ラー 

今回,突然とは言え,喜多方で朝ラーしようと思い,多少なりとも調べてみたので,備忘録がてら,ここに残しておこうと思います.
そもそも朝ラーの起源には,諸説あるようで,夜勤明けの工員の朝食,朝の農作業後の朝食,朝のスポーツ後の朝食などなどのようです.
観光振興のため,この習慣を宣伝して,一時は多数のお店で朝から食べられたようですが,今現在では,私の調べたところ,朝8時前から朝ラーできるのは以下の店舗のようです.

坂内食堂  7:00~ (木)定休
一平     7:30~ (水)定休
あべ食堂   7:30~ (水)定休
まこと食堂  7:30~ (月)定休
喜一     7:00~ (金)第一,三定休

今回は,木曜の喜多方訪問でしたので,坂内食堂の定休は承知の上でしたが,まこと食堂が臨時休業となっていました.遠方から訪問する場合は,事前に確認をした方が安全かもしれません.まわりにたくさんのラーメン店があるので,次候補には困りませんが.
有名店は,昼時になると行列必至のようですが,朝ラーでは,大行列にまではならないようです.早起きは三文の得ということでしょうか.朝からラーメンが食べられればですが.....
上述の店舗以外でも8時や10時に開店する店舗がありますので,総じて,喜多方ラーメンのお店の朝は,早い傾向なのかもしれません.
理想的な楽しみ方は,蔵のまちをゆっくり散策しながら,朝に,昼にラーメンなんていうのがいいのかもしれませんね.
坂内食堂

[ 2008/09/19 06:00 ] コラム | TB(0) | CM(3)

鹿児島ラーメンを偲ぶ(4) よくかきまぜてから!? 

ここ数年,巷では,あえそば,まぜそば,などと言われる汁なしそばがちょっとしたブームになっています.この種の汁なしそばは,食べる前に,よ?くまぜまぜして,麺とタレをしっかりとからめることが,おいしくいただくポイントかと.
鹿児島のラーメンの中には,スープが入っているのに,食べる前によくかきまぜることをすすめられることがあります.
私は,最初にレンゲでまずスープを一口,というのがいつもの食べ方なので,こういったお店でいつも通りに食べ始めると,「ありゃ!うすっ!!」なんてことになってしまいます.そんな時に店内の但し書きを見つけたりすると,「よーくかきまぜてからお召し上がり下さい.」なんてあったりするのです.
有名なところでは,ざぼんがそのような文言を明記していたと記憶しています.最近,残念ながらその長い歴史に幕を下ろした,桃源でも「よーくかき混ぜてね.」と言われました.
丼の底にタレを入れた後,麺を入れて,最後にスープを入れるという工程をとるので,こういったことになるのでしょうか??その点からすると,ラーメン鷹もタレ,麺,スープの順なので,かきまぜ派のラーメンなのかもしれません.
今のところ,この工程をとるラーメンは,鹿児島でしか見たことがないように思うのですが,何か歴史的な背景があるのでしょうか.どなたかご存知ですか?

[ 2008/08/18 23:17 ] コラム | TB(0) | CM(4)

鹿児島ラーメンを偲ぶ(3) Sサイズ 

分かっちゃいるけど,やめられない.それが,飲んだ後の〆の一杯.
世の中では,メタボ健診やら,成人病予防やらが声高に言われて,世のおとうさん方も,ますます気になってしまいますよね.
そんな人々の心情を知ってか知らずか,鹿児島の繁華街,天文館のラーメン店の中には,メニューの中にSサイズというのがある店舗があります.
何度か食べたことがありますが,基本的には,具材も割愛されることなく,全て装備したうえで,小さな丼でまさに縮小された形となって出てきます.
中には,小金太のようにSSサイズまであるお店,虎太郎のように中虎,小虎のようなネーミングになっているところもあります.
群馬では,半ラーメンというメニューがあるお店を時々見かけますが,繁華街にあるお店には,半ラーメンは見かけないような気がします.繁華街がどこにあるんだ??という声もごもっともですが.....
そんなわけで,一杯にラーメンのすべてがつまっている,縮小版のSサイズは重宝します.そして,Sサイズなら,もう一軒なんてこともできますしね.って,それじゃSサイズの意味がないですよね.
[ 2008/07/14 21:32 ] コラム | TB(0) | CM(0)

鹿児島ラーメンを偲ぶ(2) 大根の漬物 

鹿児島のラーメン店へ入ると,お冷かお茶といっしょに,ほとんどのお店で大根の漬物が出てきます.「えっ?これって?」と初めての時には思うのですが,鹿児島ではこれがスタンダードなスタイルなようです.お通しというわけでもなく,サービスで大根の漬物が出てくるのです.
この大根の漬物,お店によって,ラーメン同様,味やスタイルが違います.浅漬けだったり,沢庵風だったり,はたまた,既製品だったりもします.おもしろいのは,たいていラーメンのお味と,漬物のお味は比例関係にあるところです.
この大根の漬物.慣れてしまうと,非常に重宝し,なくてはならない存在になります.ラーメンが来るまでの空腹を癒してくれたり,ヘルシーなビールのつまみになったりするのです.鹿児島にはラーメンとライスしかメニューにない店舗もあるので,このようなお店では,ご飯のお供には欠かせない存在になります.
かくいう,このスタイルに慣れてしまった私は,最近,ラーメンを待つ間,空腹と口寂しさを満たすのに,お水を飲むしかないのでした.

[ 2008/06/01 23:09 ] コラム | TB(0) | CM(4)

鹿児島ラーメンを偲ぶ(1) 三大老舗の存在 

2005年に鹿児島へ赴任して,さっそく鹿児島のラーメン探検を始めました.
観光ガイド,グルメ本など,どんなガイドにもたいてい載っているのが,「くろいわ」,「こむらさき」,「和田屋」.の三店舗でしょうか.創業がもっと古いお店は他にもあるようですが,メディアなどに,よく鹿児島ラーメンとして取り上げられることが多い三軒です.
こむらさき

それぞれに特徴があり,地元の方々もそれぞれに贔屓があるようで,くろいわ派が,こむらさきを勧めたり,こむらさき派が和田屋をすすめたりすることがないのは,興味深いところです.
これらのお店では「限定メニュー」とか,「新作」などという文字が躍ることはなく,良くも悪くも,昔からの味を提供し続けているところに魅力があるのではないかと思います.
くろいわ

群馬では,いわゆる老舗と言われるようなお店の存在がないように感じます.首都圏にあるせいか,流行に敏感な感はありますが,何年かぶりに帰郷した時に,「久々にあそこのラーメン食べに行きたいよなぁ.」といった郷愁を感じるような,古くからあるお店はなかなか思いつきませんね.
鹿児島出身の方は,帰郷すると,三大老舗を懐かしく思って,食べに行きたくなるようですね.幼い頃の味覚の記憶は,郷愁に修飾されて,個々独特の嗜好になったりするのではないでしょうか.
[ 2008/05/12 22:47 ] コラム | TB(0) | CM(0)

ラーメン好きの渇望 

鹿児島を離れて,早いもので1年が経ちました.時が経つにつれて懐かしさが増していく感があります.そんな鹿児島のラーメンへの想いを,きっと不定期になりますが,これを機会に少しずつ残していこうかと思っています.
と言いながら,鹿児島への想いの前に,ただのラーメン好きが,ラーメンを渇望するようになってしまった,米国生活にふれないといけないかもしれません.2005年頃に日本人御用達のスーパーに山頭火が出店.2008年3月に一風堂がニューヨークに出店.一蘭も追随の模様.と,最近でこそ有名店の米国東海岸への進出が続いていますが,当時はまともなラーメンをお店で食べるのはなかなか大変でした.日本では,庶民の食事として,気軽に安価で食べられましたが,あちらでは,日本食の一角をなしているような部分もありまして,ニューヨークまで行って,しかもお値段も$9近いことがざら,加えてチップもとなると,自分にとっては敷居の高い食事になってしまっていました.そんな私の心を満たす当時のごちそうは,日清カップヌードル,日清ラ王,そして明星中華三昧でした.飲んだ後の〆にラーメンが食べたい!昼飯にちょろっとラーメンをすすりたい!という思いが募りに募り,久々に日本へ帰って来たその時,渇望のあまりラーメン好きが高じて,ラーメン探検家へと変貌をとげてしまったのでした.
Times square

余談ですが,一風堂NYのHPはかなり趣向をこらしていますね.

[ 2008/04/13 23:45 ] コラム | TB(0) | CM(2)
facebookページ
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから!
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2019-20


都内遠征時は必携!?
第20回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2019-2020


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...