Google+ 坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬) 栃木

坂東 太郎のラーメン探検記 (むかし鹿児島いま群馬)

ラーメンの文字を見るや,止まらずにはいられません.有名店から,路地裏の屋台まで,今日もラーメン探検中!

佐野青竹手打ちラーメン 大和  佐野市北茂呂町1-5 

佐野青竹手打ちラーメン 大和

ちょいと佐野方面へお出かけ.
なので事前に情報を見返してみると,
最近はどうもこちらのお店の評判が上々.
てことで,その佐野青竹手打ちラーメン 大和へ.

場所は,こちらもすでに人気店となっています,
麺家 ゐをりの近くなんですね.
道路を曲がるとすぐに店前の待ちの列で
お店の場所が分かりました.

店前の待ちの間に,麺メニューを拝見しオーダーを決めときます.
基本はラーメン(¥630)1本.
他は,チャーシュー,メンマ,ニンニク,ワカメ,
味玉,ねぎ,辛ねぎ,激辛,とトッピング系です.

佐野のもうひとつの定番ともいえる餃子は,
焼餃子と,水餃子がありました.

お願いするのはもちろん,ラーメン
そして焼餃子5ケ(¥450),水餃子3ケ(¥270)もお願いしましょう.

まずはラーメンが登場.
具材は,メンマ,ねぎ.
厚みがあって柔らかいバラ肉チャーシューが2枚.
これはかなりボリューミーですよ.

麺は自慢の佐野青竹手打ち麺.
コシのしっかりとした噛み心地の良い麺です.
こりゃ,うまい麺ですよ.

油を多めに感じるスープは岡直三郎商店の生醤油を使用.
飲み口もすっきりでクイくいいけちゃうやつですね.

ラーメン

続いてやってきました焼餃子,水餃子
焼の方は,もっちりとした皮で大ぶりな佐野クラシカルスタイル.
生姜,ニンニクなど香味野菜が強めに効いていて,
餡はぎっしりタイプですね.

焼餃子

そしてこちらが,水餃子
残念ながら,私の口の中には入らなかったので,
詳細はわかりませんw.

ゆで餃子

店内は,カウンター,テーブル席,上り座敷からなっていました.
会計を済ませて店外へ出ても,
まだ待ちの列があるどころか長くなっていました.
さすがの繁盛店ってとこですね.

スポンサーサイト
[ 2017/04/22 13:08 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

田村屋  佐野市奈良渕町302 

田村屋

ちょいと佐野方面へ家族でおでかけ.
ちょっと前にオープンしたアメノオトへと誘導しようと試みたんですが,
佐野に行ったら佐野ラーメンでしょ,という話になりまして...

ならばということで,
以前より行ってみたかった田村屋へ.
店舗前の駐車場は一杯で裏の駐車場へ.
店前にも待ちのお客さんがあふれだし,なかなかの盛況っぷりです.

しばしの待ちの間にメニューを拝見.
ラーメン(¥620)が筆頭メニュー.
これに,チャーシュー,メンマ,ニンニク,ワンタン,ワカメ,
白ネギ,赤ネギのトッピング系があります.

その他,ビジュアル的にはラーメンとは
全く趣の異なる塩ラーメン(¥670)
平日限定の辛つけ麺(¥800),なるメニューがありました.

当然,お願いしますは筆頭のラーメンです.
せっかくの佐野ですから,もっちりとした,
餃子(¥280)も食べちゃいましょう.

具材は,絹さや,メンマ,ねぎ,ナルト.
厚みのあるバラ肉チャーシューが2枚.
これが肉を食べているってことを実感させてくれる厚さ.

麺はツルっとしたなめらかなすすり心地ながら,
コシのしっかりとした平打ち手打ち麺.
ピロピロよりはちょっとモチっと系.

スープは,ガラベースと思しきあっさり味.
まろみのある旨みがあって,
なんとも後を引く味わいですね.

店内は,カウンター,テーブル,上り座敷からなっています.
店内待ちの間にオーダーはとってくれますし,
回転はさほど悪くない印象です.

ラーメン

[ 2016/11/12 13:14 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

ラーメン専門店 いっぱし  足利市朝倉町263-1-2 

いっぱし

こちらは,喜連川の行列店から都内へも進出した,
EY竹末がプロデュースしたお店,ラーメン専門店 いっぱしです.

店内に入りますと,流れる音楽はもちろんYAZAWA.
テーブルに着席してメニューを拝見.

あっさり(¥680),塩あっさり(¥730),
こってり(¥780),足利スペシャル(¥860),
こっさり(¥780),まぜそば(¥860),つけそば(¥860)

といったメニューが並びます.

裏面を見ますと,
こってりSST(¥780),こってりKURO(¥830),
こってりUWO(¥830)
,という暗号??のようなメニュー.

お店の方に伺うと,
SSTが,醤油,塩テイスト,KUROが黒マー油,
UWOがうおで,魚介系って解説だったかと.

分かったようなわかんないようなで,
こってりSSTをいただいてみることに.

具材は,かいわれ,白髪ねぎ,青菜,メンマ,刻み玉ねぎ,
チャーシューは厚みがあってトロリと柔らかいですね.

麺は意外やストレート細麺.
コシのしっかりとした細麺ですが,
スープの粘度からはもっと太いものが出てくるかと.

そのスープは濃厚な鶏白湯スープ.
ポッテリとした粘度のあるスープです.
ちょっと濃い味にも感じるので,
たくさん入っているねぎ系が,
口内をリセットするのにちょうどいい塩梅でしょうか.

店内は,カウンターとテーブル席からなっていました.
これだけ濃厚な鶏白湯ですと,
UWOとかKUROも良さそうですよね.

そうそう,限定の鮮魚ラーメンというのもありました.
この日は,約10食限定で「ホタテラーメン」を提供していました.

呪文については聞いてみましたが,
足利スペシャルの詳細は聞かなかったので,
今度はそれを食べてみたいですね.

こってりSST

[ 2016/03/20 19:24 ] 栃木 | TB(0) | CM(2)

らーめん琥珀  足利市西砂原後町1175 

らーめん琥珀

先日,栃木市のラーメンリサーチをした際に,
お近くで気になったお店.
足利にあります,らーめん琥珀へ.

想像していたのとは違い,かなり大きなハコ.
店内入ると,左手はカウンター,右手は居酒屋様スペース?

大判のメニューの片面は居酒屋メニュー.
もう片面の麺メニューは,
醤油味のラーメン(¥650),味噌ラーメン(¥700),
塩ラーメン(¥680
と,まずは三味あり.

その後には,
琥珀つけ麺(¥780),赤味噌ラーメン(¥800),
黒ラーメン(¥700),鶏そば(¥650),えびそば(¥750)

と続きます.

そしてそれぞれに,ネギ,味玉などのトッピング系があり,
全ての麺がお好みで手打ち麺に変更可能.
さらに頭に匠の文字が入ると背脂入りになるという,
色々選べて楽しいんだか,ややこしいんだかというメニュー構成.

お店の外の看板にはでっかく,鶏そば,えびそば
と二枚看板みたくなっていたので,
匠ではない鶏そばをいただいてみることに.

ご対麺した一杯は,海老そばけいすけのような,
球体を斜めにカットしたような白い丼で登場です.

具材は,糸唐辛子,姫竹,メンマ,ネギ.
チャーシュー代わりにほぐした鶏肉がたっぷりと入っています.

麺はストレート中細麺.
ザクザクっとした歯切れのいい麺はなかなか好印象.

丸鶏と特製塩,醤油ダレを合わせたというスープは,
ちょっと旨み過多な感もありますが,
鶏の風味が一杯に広がり,飲み口はわりとスッキリです.

メニューがあまりに多彩で,
それぞれが,当店おススメ,店長おススメ,当店看板商品,人気商品,
てな具合になってるもんでして...じゃぁどれが?ってところも.

店外のでかい看板から察するに,
鶏そば,えびそば,の2商品が現在の推しと思われるので,
まずはその辺りから攻めてみるのがよろしいかと.^_^;

鶏そば

[ 2016/03/20 18:56 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

麺処ぼたん  栃木市倭町10-14 

麺処ぼたん

かつては,美味食間 くわ田という店名で営業されていました.
遠路はるばる大平まで行って,
臨時休業で涙をのんだのはもう数年前になります.

その後,店名と場所を変え,麺処ぼたんとなりました.
実は,この日も昼の部が臨時休業になっていて,
店前で呆然として,よほど縁がないのか...と思ったのですが,
なんやかんやで日も暮れたのでリベンジに.

麺メニューは,
がっつり系が,ぼたんらーめん(¥890)
コク旨系が,濃厚塩らーめん(¥700)
マー油仕立ての黒らーめん(¥750)
九条ネギソース仕立ての浅利のパイタン麺(¥890)

和風が,和風らーめん しょうゆ・塩 (¥650)
つけ麺,汁なし系が,
濃厚つけ麺(¥800),味噌つけ麺(¥800),
辛味噌つけ麺(¥800),濃厚塩つけ麺(¥800),
汁なしまぜそば(¥720)
,というラインナップ.

じーっとメニュー表の写真を眺めて,
ひときわ異彩を放っているのが浅利のパイタン麺
ので,それをお願いすることに.

具材は,糸唐辛子,水菜,刻み玉ねぎ,
たっぷりのアサリはこれでもかとたくさん現れます.
そしてギューッと実のつまった肉団子2つ,

グリーンソースよろしくかけられているのが,
件の九条ネギペーストですね.

麺はしなやかなすすり心地のストレート細麺.
コシもしっかりとしてクタッとしてこないのが好印象.

スープはベースの豚骨スープにアサリの旨みが溶け込んいき,
食べ進むと最後はネギペーストと一体化といった具合.
これはおもしろいギミックで,そして何よりうまいですね.

数年越しの思いでようやくたどりつきました麺処ぼたん
多彩なメニュー構成ですから,
また機会があれば色々食べてみたいですね.

浅利のパイタン麺

[ 2016/03/08 18:34 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

ふくや  栃木市旭町25-3 

ふくや

とちぎ蔵の街には,夕顔らーめん会なるものが存在します.
栃木の名産,かんぴょうの原料となる夕顔の実.
その粉を練りこんだ麺を使っているのが夕顔らーめんなんです.

せっかくなんで,それをいただいてみようと思い,
夕顔らーめん会所属の1店,ふくやへ.

麺メニューは,
らーめん(¥600),タンメン(¥650),
味噌らーめん(¥700),チャーシューメン(¥800),
担々麺(¥800),ジャージャーメン(¥700),
野菜醤油ラーメン(¥800),辛しニラそば(¥800),
ニラ玉らーめん(¥800)
,などなどというラインナップ.

これら麺メニューは,いずれも夕顔麺を使用とのこと.
そんじゃその中からもう一つの栃木の名産,
ニラをたっぷり使った,辛しニラそばをいただいてみましょう.

具材は,たっぷりニラ,メンマ,白髪ねぎ,
そしてかんぴょう.中心部には辛味の効いた肉味噌.
白いかんぴょうは初めて口にしましたが,
いわゆるあのかんぴょうの歯応え,当たり前ですが....^_^;

夕顔麺はストレート細麺.
なめらかなすすり心地が特徴的ですね.

スープはガラベースの醤油味.
これにラー油の効いた肉味噌がピリッとしたいい味をのせてくれます.

シャキシャキの歯応えのニラたっぷりに,
しなっとしたかんぴょう,そしてツルりんとした夕顔麺,
と,丼の中で栃木の名産がたのしめちゃう逸品ですね.

こちらのお店では,もうひとつの栃木市の名物,
じゃがいも入り焼きそばの提供もしています.
蔵の街大通りからちょっと入ったところにあるお店なので,
名物料理を両方ともって時にはお手頃なお店じゃないでしょうか.

辛しニラそば

[ 2016/03/08 13:10 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

麺堂HOME  栃木市片柳町1-2-38 

麺堂HOME

ちょいと思い立って,鯉のいる街,蔵の街,栃木市へ.
巴波川舟行を楽しみに行ったんですが,
昨年の大雨による洪水の影響で土砂が流れ込み,
まだまだ従来の姿にはほど遠いんだそうです....

それはともかく,もちろん食べるのはらーめんってことで,
まずは,以前からリストアップしていた麺堂HOMEへ.

麺メニューは,
鶏淡麗らーめん しょうゆ味,しお味(¥700),
鶏白湯らーめん(¥800),
カツオ醤油つけ麺(¥780),
濃厚鶏白湯つけ麺 しお味,しょうゆ味(¥830),旨カラ味(¥880)

というラインナップ.

オススメとあります,筆頭の鶏淡麗らーめんをいただきましょう.

具材は,穂先メンマ,水菜,青ねぎ,ゆず.
チャーシューは,低温調理の豚ロースと,
鶏モモ肉チャーシューが1枚ずつ.

麺はストレート細麺.
独特な強いコシのある麺でこれは好みですねぇ.

甘みのある口当たりのスープは,鶏100%とのこと.
まろみのある旨みがたっぷりです.
そこにゆずがいい仕事をしてくれて,
時々スッキリと口の中をリセットしてくれます.
後を引くうまさがたまらず,レンゲが止まらなくなります.

キッズスペースのある店内は,ゆったり広々.
お店の外観もほのぼのする感じがいいですねぇ.
スタッフのみなさんも若くてきびきびしていて気持ちがいいです.

栃木駅からもそう遠くない立地ですし,
栃木市を訪れた際にはぜひとも行ってみてほしい1店ですね.

鶏淡麗らーめん

[ 2016/03/08 11:53 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

ラーメン太七  佐野市堀米町42-3 

太七

ちょいと佐野方面へおでかけ.
お昼時のラーメン店は,名の知れたところはどこも大行列.
これはたまらんということで回避.

夜も更けてきたところでリベンジ...^_^;
当然ながら麺切れ終了のところも出てきますが,
何とかちょい並びのラーメン太七へ滑り込み.

我が群馬の東毛エリアで,
青ねぎラーメンを提供するいしかりの姉妹店ということで,
以前からちょっと気になっていたお店だったのです.

しばしの待ちの後,店内へ.
麺メニューの筆頭は,
もちろん,青ねぎラーメン(¥830),これは醤油か塩かが選択可能.

その他は,ラーメン(¥600),
みそラーメン(¥820),塩ラーメン(¥600)
,が基本形.
ねぎ,チャーシュー,のトッピング系に加え,
キムチラーメン(¥800),なんてのもありました.

お願いするのは,当然のことながら青ねぎラーメン
これを醤油でお願いしました.

具材は,たっぷりの青ねぎとその上に白ねぎ.
その下層には,ナルト,メンマが潜んでいます.
チャーシューは厚みのあるバラ肉チャーシュー.
肉っぽい噛み心地があります.

麺は,ややちぢれのある平打ち中太麺.
かなりコシのしっかりとした麺で,
うどんのようなプリッとした歯応えです.

スープは佐野系スタンダードといった感じの,
スッキリとした飲み口.
これが何とも青ねぎと合います.

青ねぎを食べるように,穴あきのレンゲがついてくるんですが,
スープといっしょに青ねぎを口に流し込むには,
従来のレンゲの方が好都合ですね.

店内は,カウンター,テーブル席,上がり座敷からなっていました.
ようやく,元祖の青ねぎラーメンをいただきました.
やはり,ネギ好きにはたまらない一杯ですよね.

青ねぎラーメン

[ 2016/01/03 18:59 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

宝来軒  佐野市浅沼町801-2 

宝来軒
ちょいと佐野方面へおでかけ.
となるとやっぱりらーめんでしょ.
で,今回は老舗の一軒を選択.
看板にも老舗とあります宝来軒へ.

麺メニューの基本はラーメン(¥600)
あとはトッピングの類で
チャーシュウメン(¥900),
ワンタンメン(¥800),コーンラーメン(¥700),
わかめラーメン(¥700),ねぎラーメン(¥800)
,など.

そしてみそラーメン(¥850)もあり,
バターコーンラーメン(¥750),
みそコーンラーメン(¥950)
といった構成.

やはりいただくのはいろはのイのラーメン(¥600)でしょう.

具材は,海苔,ナルト,幅広のシャリっとしたメンマ,ねぎ.
チャーシューはしっとりと柔らかいタイプ.

青竹手打ちの麺はピロピロとも,
グニュグニュでもない
しなやかながらコシのある独特の食感.

スープは豚骨,鶏,野菜など厳選した素材でつくった
昔ながらの醤油味と案内があります.
佐野系特有の動物系がビシッとした感じではなく
和風出汁っぽく醤油がふんわりと香ります.
老若男女に好まれる間口の広い味わいですね.

優しすぎる味わいと思われる向きは
卓上の胡椒をパッパッとするのがよろしいかと.

店内は上がり座敷,テーブル,
ちょっこっとしたカウンターからなっています.
ちなみに,ごはんはありますが餃子はありませんので,
餃子もセットでという方はご注意下さいね.
ラーメン

[ 2014/03/16 12:30 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)

麺屋祥元  真岡市荒町4-23-1 

ぶらっと旅の途中で真岡へ.
でもってやはりどこかでいただきましょう.
駅からはちょいと離れますが麺屋祥元へ.

麺メニューはかなり豊富ですね.
筆頭メニューは濃厚魚介つけ麺(¥800)のようですが,
みそらーめん(¥700),とんこつらーめん(¥650)

醤油系のあっさりらーめん(¥550)
こってりらーめん(¥600),に,
塩系は鶏だし塩らーめん(¥700),鶏白湯塩らーめん(¥750)
そしてまぜそば(¥600)も,

さらに壁のPOPには,
ブタ麺(¥700),塩まぜそば(¥750),
にぼまぜ(¥750)

鯛と蛤の塩らーめん(¥850)などなどと,
かなりの創作意欲とお見受けしました.

つけ麺,まぜそばの気分ではなかったので,
らーめん系で最も気になった,
鯛と蛤の塩らーめんをいただくことに.

具材は,穂先メンマ,青ねぎ,
チャーシューは薄めのものが2枚です.
ちょっと噛み切りにくいところも.

麺は全粒粉入りのストレート細麺です.
蕎麦っぽいすすり心地がいいですね.

鯛と蛤の旨みが渾然一体となったスープは,
旨みたっぷりです.
ただ,魚介系独特のクセのようなところがあるので,
その辺りが苦手の人は敬遠するかもしれませんね.

店内はカウンター,テーブル席からなっていました.
メニューは豊富ですので,
全メニュー制覇は長い道のりになりそうですね.

営業時間は,11:00-15:00/17:00-22:30
水曜定休となっていました.
鯛と蛤の塩らーめん

[ 2013/05/05 11:41 ] 栃木 | TB(0) | CM(0)
facebookページ,Google+
カップ麺実食や,トクだね情報ありの
コミュニティ
ラーメン探検記のfacebookページはこちらから! ラーメン探検記のGoogle+ページは
こちらから!
Google+
ラーメンの本

今年も出ました!!

群馬のうまいラーメン 2016-17


都内遠征時は必携!?
第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017


ついに待望の書籍化!
群馬の名店「清華軒」がモデル.
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(上) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


Kindle版もあります.
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
ラーメン食いてぇ!(下) (イブニングKC)
林 明輝
商品詳細を見る


TV版のエピソードも入った3巻も発売中!
ラーメン大好き小泉さん(3) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(3)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


2巻も出ました! ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2)
(バンブーコミックス)

鳴見なる
商品詳細を見る


これ,結構共感しちゃったりします.
ラーメン大好き小泉さん (1) (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 1
(バンブーコミックス)

鳴見 なる
商品詳細を見る



文壇の方々の「ラーメン」に関するエッセイ32篇を集めた本. ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)


福岡の中州周辺を舞台に繰り広げられる, ラーメンには目がない私立探偵, 通称『ゆげ福』が主人公の探偵小説
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
ゆげ福 博多探偵事件ファイル (講談社文庫)
(2009/01/15) 西村 健 著


↑↑↑↑↑↑
『ゆげ福 博多探偵事件ファイル』 の, 続編
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
<博多探偵ゆげ福>はしご (講談社文庫)
(2013/01/16) 西村 健 著



プロフィール

坂東 太郎

Author:坂東 太郎
ようこそ!
生まれも育ちも群馬の
生粋の上州人.
ひょんなことから2年間の
鹿児島生活の後,
地元群馬へ帰ってきました.
鹿児島滞在中は,
いわゆる中華そばを
熱望したものでした.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
Twitter...